FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

正断層と逆断層のちがい
 中学で学ぶ断層には、正断層と逆断層、そして横ずれ断層があります。

 その中で、正断層と逆断層はどこがちがうのか、よく理解できないようです。

 ぼくなりに説明してみます。

 まず、上盤と下盤の違い。それは前の記事でも書きましたが、確認します。

 断層面の上の方にあるのが上盤、下の方にあるのが下盤です。あくまでも断層面の上か下かです。
 断層の断面を横から見た図です。

danso1.jpg

 さて、その断層に両方に引かれる力が働くとします。

 断層がコンクリートのように硬いものだとすると、次のように穴があいてしまうでしょうね。

 しかし、ふつうそれほど硬くはない。だから、穴があくことなく、下に落ちるようにして、次のようになります。
 実際には、穴があいてから落ちるのではなく、ずり落ちるという感じです。
danso2.jpg

 これが正断層。

 上盤が下にずり落ちるのです。

 次は、両側からはさみつけるように、押す力が働くとします。

 これは次のようにずれてしまうというのは、イメージしやすいですね。
danso3.jpg

 これが逆断層で。上盤がずり上がるのです。

 上盤がずり下がるのが正断層、
 上盤がずり上がるのが逆断層です。

 YouTubeにモデル実験がありました。


逆断層のモデル実験




正断層のモデル実験




「セルフ塾のブログ」の記事の中から、中学理科(地学)に関するものを集め
『セルフ塾の中学理科(地学編)わかる教え方』として、 Kindle ストアから出版いたしました。

関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Re: タイトルなし
コメント、ありがとうございます。ぼくのブログがお役に立って、うれしいです。
selfyojji | URL | 2014/01/03/Fri 09:07[EDIT]
はじめまして。断層がいまいち理解できなくて、たまたまこのサイトを見つけたのですが、とてもわかりやすかったです!ありがとうございました。
| URL | 2014/01/02/Thu 19:04[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.