FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

宮沢賢治の読み聞かせに、熱心に聞き入る
 小学5年生のKnt君、言葉に関心が高く、よく難しい言葉を意識的に使います。

 先日、
「Yojiさん、『Yojiさんは、学問的には、タノツイズイヲ、ユルサナイ』この使い方は正しい?」
 と僕にたずねました。

 僕は、「内容は別にして、言葉の使い方は正しいと思うよ」と答えました。

 その後、「他の追随を許さない」とはどういうことなのか、説明を求めました。

 僕が説明を終ると、それでは「つわものどもが夢のあと」って何?」と、続きました。

 「何でこんな言葉を小学5年生が?」と思いながら、説明をしてあげました。

 さて、保護者面談でのお母さんの話です。

 「家では、本の読み聞かせをします。
 宮沢賢治の本を読んであげたのですが、難しくて、よく私にはよく意味がわかりませんでした。

 でもKntはずっとを熱心に聞き入っているのです。
 どういうことなのでしょうか?」

 実は、僕も宮沢賢治はよく理解できません。
 すべての作品というつもりはありませんが、賢治の意図をつかむことができず、つまらないと思うことが多いです。

 宮沢賢治を好きな人は、とても好きですね。
 それがぼくには理解できないのです。

 それは、宮沢賢治の作品が感覚でとらえるものだからではないだろうかと、考えています。

 僕は、感覚に訴える作品を理解するのが、とても苦手です。

 塾の読書では、3色ボールペンで線を引きながら読ませます。
 でも、ぼく自身が宮沢賢治の本に線を引くことができないのです。

 これは、持って生まれた何かが、あるのかもしれません。

 小学5年生のKntくんの中には、僕にない何かが確かにあるように感じます。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.