FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

なぜ、「秒」も「2番目」もsecondか。
「秒」は英語でsecond[セカンド]です。
 secondには、「第2の・2番目の」という意味もあります。

 野球のセカンドは2番目の塁を守る選手ですからsecondですね。

 「2番目」と「秒」では、だいぶ意味が違います。なぜ同じsecondなのでしょうか。ネットで調べてみました。

 それを、僕の言葉で説明します。

 最初は、朝昼晩ぐらいの区別しかなかったでしょうね。

 それが時間が作られました。最初はその 1日を24時間に分けた時間だけでした。hour[アワー]です。

 そのころの人々は、生活をするうえでは、それで充分だったと思います。教会の鐘が鳴ると、今は何時だ、というのんびりした生活をしていたのでしょう。

 それが、たぶん時計の発達で、さらに細かい時間まで必要となったなりました。携帯時計の普及が関係あったのではないでしょうか。これはぼくの推理です。

 それで 1時間を60に分けたminute[ミニッツ]という言葉ができたのです。それが「分」ですね。minute の語源はラテン語の「微小な」を意味する minutus です。

 hour[時間]より「微少な」でminute というのは自然につながります。

 今でもそうですが、「分」であれば日常生活は十分です。

 それも普通なら、半分の 30分、4分の1の、15分、45分、あるいは10分 20分などで十分です。

 「3時13分に待ち合わせしよう」という人は、まずいません。

 電車の時間や、テレビの番組表などでは必要ですね。

 「秒」は日常生活では、まず使いません。
 どんなときに使っているのか、考えてみました。

 英語検定2次試験では 「20秒間黙読」があります。その英検2次の対策練習で 20秒を測るのに秒針を使います。

 オリンピックの陸上競技や、水泳競技では「秒」が使われています。

 僕は心理学専攻だったので、学生のころに知能検査をしたことがありますが、ある課題を完成させるのに何秒かかるか、というのもやったことがあります。

 とにかく、日常生活ではそれほどを使いませんが、「分」では足りなくなってきたのです。

 それで「分」より細かい時間が必要になりました。

 それが「秒」ですが、英語では「第2の分」と呼んだのです。
 second minute ですね。

 「第2の分」というのは「分よりもさらに細かい」「分の次に細かい」という意味なのでしょうね。

 hour の最初の微小単位が munite で、
第2の微小単位がsecond minute です。

 そして、minuteは省略されてsecondだけになったのです。

 そう考えると、「秒」と「2番目」にも関係がありました。

 次のページを参考にしました。

ヤフー知恵袋「第二の・二番目の」を意味するsecondが、なぜ時間の「秒」の意味ももつのでしょ...

今から英語、もう一度英語
 
 これには、ボクシングのセコンドの語源についての説明もあります。




セルフ塾の英語(単語・熟語) わかる教え方
「セルフ塾のブログ」の記事をまとめて、キンドルで出版しました。


関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

ta
はーーーふーーん へぇええええ!
お勉強になった!
ta | URL | 2019/06/01/Sat 16:37[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.