FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

痛点がなく、痛みを感じなかったら
 Kkさんが理科を習いに来ました。
 そこで痛みの話しになりました。

 「痛点があるから僕らは痛みを感じることができる、
 痛みというのを、僕らはいやなことだと思っているけど、ないと大変なんだよ」
 と話しました。

「何故?」と納得できない顔をしています。

「痛いということを感じるから、その痛さをなくすために、何とかしようとするでしょう。

 痛さを感じなかったら、そこがひどくなるだけだよ。

 スポーツで骨折したときに、痛さを感じなかったらそのまま続けてしまうだろう。」
 
 Kkさんは「そうだね」と納得しました。

 ても、隣でその話しを聞いていたRkさんは納得できないようです。

「でも、骨折した時に痛さを感じなかったら、いいんじゃない?」と言います。

 僕はもっと具体的に話しをしました。

「サッカーをしているとしよう。そこで足を骨折したとする。
 でも痛さを感じなかったら、そのまま走り続けるだろう。
 すると足はもうばらばらになってしまうじゃないか。ケガはひどくなる。

 骨折をして、痛いから走るのをやめて治療をしようと思うんだよ。」
「そうか」と納得したようでした。

 次のページに、痛みを感じない少女のことが載っています。本当に恐ろしいと思います。
痛みを一切感じない少女
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.