FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

水深と浮力、そして浮き沈み
 前の記事で「アルキメデスの原理」について説明しました。

「物体にはたらく浮力の大きさは、その物体の水中部分の体積と同体積の水にはたらく重力の大きさに等しい」
 これがアルキメデスの原理です。

 だから、浮力の大きさは、物体の体積×10000(N)です。

 この式から分かるように、浮力の大きさは深さに関係ありません。

 8m3の物体にはたらく浮力の大きさは80000Nですが、それは、1mの水深であろうが、10mの水深であろうが変わらないのです。

 さて、綱引きでは、力の強い方に綱は引かれますね。

 重力と浮力は反対向きの力です。その大きい方に物体は引かれます。

 つまり、
 8m3の物体にはたらく浮力の大きさは80000Nですが、その物体にはたらく重力が80000Nより大きければ、浮力より重力が大きいので、この物体を水に入れると沈みます。

 この物体にはたらく重力が80000Nより小さければ、浮力より重力が大きいので、この物体を水に入れると沈みます。

 なお、物体にはたらく浮力の大きさは、その物体の水中部分の体積と同体積の水にはたらく重力の大きさに等しいのです。

 だから、物体の半分しか水に入っていなければ、それだけの浮力しか受けません。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.