FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

歴史を多角的に学ぶ  
  
  滋賀県の旅行に行ってきました。地図を見ると関ケ原があります。隣の岐阜県です。でも、地図上で見るとすぐそこです。

 予約申し込みが遅かったせいいで、レンタカーを1日目借りることができませんでした。列車で関ケ原に行くことにしました。

 この旅で、歴史を多角的に学ぶということは必要だな、と感じました。

 学校の授業、教科書で歴史を学びます。天下分け目の戦いとして、関ヶ原の戦いは重要な戦いだと学びます。教科書にも載っているというのは、やはり印象に残ります。

 漫画の歴史本、テレビドラマ、映画でも関ケ原の戦いは繰り返し見ることができました。それで印象も高まります。視覚的でいいです。

 歴史小説でも関ケ原の戦いはよく取り上げられます。詳しい内容を楽しく学ぶことができるのでぼくは好きです。

 このようにいろいろな学び方がありますが、やはりその場に立つ、というのはまたは深く学ぶことにつながります。

 テレビや映画の場面は、やはり切り取られた部分でしかありません。

 位置関係を学ぶには地図はとてもいいのですが、実感がまだわきません。

 現実に徳川家康が陣を最初に張った桃配山、石田三成の笹尾山などから、周りを見おろすとイメージがわくものです。

 来てよかったなと思いました。

 司馬遼太郎の歴史小説「関ケ原」をまだ読んでいません。帰ったら読みたいと思いました。いまアマゾンで注文しました。






関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.