FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

英語を指導する人への参考文献
 広島のKさんからメールをいただきました。
 僕のプログラム学習る英語をやっています。それと別に、何かいい本がないか、との質問です。
 お孫さんを指導する立場として読みたいとのこと。

 それで、指導者の皆さんに読んでもらいたい本をあげます。英語について集中的に学んだのはだいぶ前のことですので、文献も古くなっていますが、ご了承ください。

 まず「たのしい英文法」です。丸覚えではなく、なぜそうなるのかについて、とてもよく書かれています。きょう調べてみると、改訂版が出ているのですね。
たのしい英文法 改訂版
林野滋樹+改訂版編集委員会


 次はアマゾンのページにあった紹介文です。その通りだと思います。


英語の「なぜ」に応える入門書決定版!!
好評のロングセラー,30余年を経てついに改訂!
主語・述語とは? 進行形/ 不定詞/ 動名詞/ 関係詞/ 完了形とは? ― これらの問いに「なぜ」を徹底して追求。文法の規則を丸暗記するのではなく、なぜそうなるのかを理解することでそれを元に自分で考えることができる。初めて英語を学ぶ人、やり直し英語に取り組む人、そして英語を教える人に最適の入門書・指導書として本書を提供します。



 次は、斎藤兆史著「これが正しい!英語学習法」です。


前にブログで紹介したので、そのページを紹介いたします。いい本です。

斎藤兆史著「これが正しい!英語学習法」


次は、千野 栄一 (著)「外国語上達法 (岩波新書 黄版 329) [新書]」です。




 もう何十年も前に読みました。英単語を覚えることの大切さ、文法を学ぶことの大切さなどについて書いてあったように思います。

 今は、いろいろな英語教材のコマーシャルで、簡単な学習で英語が学べるようなことが言われています。でも、やはりこつこつと学ぶことの大切さが必要です。この本でそれが学べます。

 次は、若林 俊輔 (著)「英語の素朴な疑問に答える36章 [単行本]」です。

 残念ながら絶版になっているようです。とてもすばらしい、いい本です。
 多くのことを、僕はこれから学びました。古本ででも見つかれば、読んでみてください。



 ついでに、
 数学については、やはり遠山 啓「数学の学び方・教え方」を読んでもらいたいです。
「水道方式」について、学べる良書です。


関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.