FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

第10回宮良長包音楽賞に恩師の富原守哉(とみはら・もりや)氏
今朝の琉球新報一面に「第10回宮良長包音楽賞に富原守哉(とみはら・もりや)氏」という記事がありました。

 富原守哉先生は、ぼくが首里高校にいたときの音楽の先生です。

 特に個人的に付き合いはありませんが、やはりうれしいです。

 音楽の時間、クラシック鑑賞で、寝ていてもいいよ、ということだったと思います。

 クラシックを聴きながら静かに寝る、というのも又いいものだ、という考えだったのでしょう。

 あのころの首里高校の吹奏楽部は確かに優秀でした。
 先生の指導がよかったのですね。先生、おめでとうございます。

 先生の略歴を琉球新報から転載いたします。

琉球新報第10回宮良長包音楽賞 贈呈式


 ■宮良長包音楽賞
 富原守哉(とみはら・もりや)氏 1964年から8年半、首里高校吹奏楽部を指導し、全国吹奏楽コンクールで沖縄初の「金賞」をもたらす。後進の育成にも優れ、音楽家として県内外で活躍する教え子も多い。ことし40回を迎えるメサイア演奏会では、沖縄交響楽団指揮者として最多の計14回タクトを振るなど、さまざまな演奏会での指揮経験も豊富。多くの楽曲も手掛けるなど沖縄洋楽界の向上・発展に大きく貢献した。

関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.