FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

アインシュタイン『相対性理論』:100分 de 名著
 NHK Eテレの「100分de名著」という番組をご存じですか。
 その番組で、今月(2012年11月)はアインシュタインの相対性理論をやっています。

 もう2回は終わってしまいました。
 2回とも見ましたが、なかなかおもしろく、わかりやすいです。

 ゲスト講師佐藤勝彦氏(宇宙物理学者)によるていねいな解説、そしてアニメーションやコンピューターグラフィックを使った面白い説明もあります。

関心のある方はぜひご覧ください。







 番組HPから

アインシュタイン『相対性理論』

20世紀初頭に発表されたアインシュタインの相対性理論。物理学の革命と言われ、時間と空間の概念を一新するとともに、原子力開発にも結びついた、この偉大な論文を知らない人はいないでしょう。
しかし相対性理論とはどのようなものなのか、正確に答えられる人はほとんどいません。
難解な十元連立方程式など、理解するには高度の数学知識が必要となるからです。
しかし実は、比較的簡単にその理論を説明することもできます。アインシュタインが得意とした「思考実験」という方法を用いることです。思考実験とは、「光に近い速度で宇宙船が飛行しているとしたら、その内部で何が起きるか」といった、実現不可能な想像上の実験のことです。
そこで11月の「100分 de 名著」では、スペシャル企画として、アニメーションやコンピューターグラフィックスを駆使して様々な思考実験を行いながら、相対性理論を読みときます。番組を見れば、数学や科学の知識がなくても、そのエッセンスが手に取るように分かります。
ロマンあふれる「相対性理論」の不思議な世界を、どうぞお楽しみ下さい。




 第3回は次の時間です。

第3回 驚きのエネルギー革命
【放送時間】 2012年11月21日(水)午後11:00~11:25/Eテレ(教育) 【再放送】 2012年11月28日(水)午前5:30~5:55/Eテレ(教育)
2012年11月28日(水)午後0:25~0:50/Eテレ(教育)
※放送時間は変更される場合があります
【ゲスト講師】 佐藤勝彦(宇宙物理学者)
アインシュタインは光が最も速い理由について、光には質量がないからだとした。そして光以外の物質は速度が上がるにつれ質量が増すとした。例えばロケットの場合、光速に近づくにつれロケットの質量が増える。そのため次第に加速が難しくなり、質量のない光には、永遠に追いつけないというわけである。
またアインシュタインは、物質の質量には、実はぼう大なエネルギーが隠されているとした。この理論に基づいているのが原子力だ。第3回では、エネルギーと質量の関係に迫る。



 なお、僕は以前、特殊相対性理論について独学で学び、一冊の冊子にしてあります。欲しい方に差し上げております。次のページをご覧ください。

相対性理論入門書、原稿のモニター募集
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.