FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

アインシュタインの脳、集中力や粘り強さ
 アインシュタインの脳の写真を調べた結果、前頭葉などが並外れて発達していたことが分かったそうです。

【肥田美佐子のNYリポート】天才は遺伝か環境か―アインシュタイン脳の最新研究


(抜粋)

 11月16日に発表された、米フロリダ州立大学の進化分類学者、ディーン・フォーク氏らが行った共同研究によると、相対性理論で知られる天才物理学者アルベルト・アインシュタインの脳の写真を調べた結果、前頭葉などが並外れて発達していた。

 脳の重さは1200グラム強と、平均的な大きさだが、全米保健医学博物館に保管されている14枚の写真を分析したところ、集中力や粘り強さをつかさどる前頭葉や、体性感覚皮質などが大きく、脳のシワである脳回が複雑さを極めていた。これが、たぐいまれなる空間視覚能力や数学能力を生み出したのだろう。


 この記事を読んで面白いと思ったのは、「集中力や粘り強さをつかさどる前頭葉」が発達していたという部分です。

 アインシュタインといえば、あの相対性理論を編み出した、頭のいい人だというイメージです。
 そして、頭がいい、といえば、切れの良さ、ひらめきという感じがします。

 確かに、アインシュタインは、切れもひらめきもあったはずです。

 でも、それだけではなかった。彼には、集中力や粘り強さもあったのです。

 塾の生徒たちが、難しい問題を解いているのを見ると、切れやひらめきというよりも、集中力や粘り強さの方が大切だと感じます。

 一つの難しい問題に集中して取り組む力、そして、こう考えてダメなら、また別の考えで考えてみようという、答えが出るまで粘り強く取り組もうという力、
 それがあって初めて、難しい問題が解けるのです。

 ちょっとした、ひらめきや切れだけでは、決して難しい問題は解けません。

 アインシュタインには、「きれ」や「ひらめき」も人並み以上なものがあったのでしょうが、あれだけのものを、何年も考え続けるというのは、集中力や粘り強さがあって初めてできることです。

 生徒たちにも、いや僕自身にも、集中力や粘り強さというのは大切だなと改めて感じました。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.