FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

成功体験を積ませる
 

 先ほど,漢字能力検定の方からお電話をいただきました。毎回,検定前にはていねいな案内の電話をもらいます。

 その中で「前回の検定では,合格率が高かったのですが,何か特別に?」とたずねられた。合格率70%を超えていたようです。

 それに対して次のように答えました。

 「特に小学生は漢字を重視し,毎回30~40分は漢字の練習にさいています(何をどうさせているかは後日,書きたいと思います)。

 それよりも,生徒が合格できるような級から始めるようにしています。例えば小学5年生なら,小学4年レベルの7級を受験するように勧めます。力が足りないという子はさらに下の級から始めることもあります。
(前回は,小学6年生に10級を,そして,中学3年生に9級を受けさせました。
http://selfyoji.blog28.fc2.com/blog-entry-262.html
 
 下の学年の級であったにしても,合格というのは生徒にとってとてもうれしいものです。」

(漢検さん)「そうですか。精神的なことも重視なさっているんですね。そして,合格の証書は子どもさんにとってうれしいでしょうね」

「そうです。証書はいいです。
 また,私どもは,合格した生徒の写真を撮して塾発行のニュースレターに掲載し,保護者のみなさんにもお届けしています」

「下の級であれ,合格体験,成功体験は子どもたちのやる気をさそいます。

 私どもは,年に2回漢検を実施していて,そのうちの1回は義務にしています。
 最初は受けるのをいやがっていた子でも,合格をすると次をトライする気になるようです。」

 その他,電話では話しませんでしたが,過去問題を使って2週間は対策を行います。これも後日詳しく書きたいと思います。

 ここでいいたいことは,合格という成功体験が子どもたちにとっては大きなモチベーションにつながっていくということです。まずは易しいところから始める,そして「できる」ということを子どもたちに植え付けていくということですね。」
関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.