セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

天気記号の由来、覚え方
天気記号というのがありますね。

快晴は円○。
晴れは、円に縦棒。直径のようなのがはいっています。
そして、雨は黒丸●。
曇りは二重丸◎

tenkikig.jpg


 ぼくは、20年あまりそれを教えてきましたが、実はまだきちんと覚えていないのです。

 生徒から質問されても、自分で調べなさい、とすませてきました。それですんだのです。

 さて、先日も天気の問題が出ました。そのときも、自分で調べるようにといってすませました。

 しかし、あとで考えて不思議に思いました。

 なぜ、天気記号はあのようになっているのだろうと。

 常識的に考えれば、◎は快晴でしょう。○が晴れ。雨は●でもいいと思います。

 生徒たちも同じように考えるようです。

 それで、ネットで調べてみました。

 ヤフーの知恵袋に、曇りの記号について、次のようにありました。

ヤフー知恵袋

ちなみに◎は二重丸を表しているわけではありません。空の視界「○」の広い範囲に雲(内側の小さな○)が広がっている状態を表現しています。



 これなら曇りの記号が◎でも構わないわけです。

 そこから、推理しました。
 すると快晴は、雲一つない空ということで、円だけ。中に何も入らないう記号になります。納得です。

 晴れというのは、雲量2~8です。雲の量が50パーセントぐらいでも、晴れということです。

 だから、○の中の縦棒は、半分は雲だよということではないでしょうか。

 その線でネットをいろいろ調べましたが、それについての説明は見当たりませんでした。

 雪の天気記号については、雪の結晶が六角形だからだろうかと推理して調べたところ、やはりその通りだったようです。

次のページにありました。

毎日寒いね~日々の生活を語るブログ

日本式天気記号では、雪の結晶を模した形の記号で表される。


 これも納得です。

 雨は何となくわかります。真っ暗な雲が出て雨になった感じがあります。

 まとめてみます。
快晴は、雲一つないので○、中に何もない円。
晴れは、雲の量が半分の時なので、半分を表す縦棒を円の真ん中に。
曇りは、空に雲があるということで、雲のしるしとして、円の真ん中にもう一つの円。だから◎二重丸。
雪は、結晶が六角形だから、六角形の対角線。
雨は、真っ黒な雲を連想して真っ黒●。

 これだけ覚えていえば、中学生として十分でしょう。

 このように、なぜそうなのかが分かれば、すぐに覚えられそうです。

 もし間違えているところがあれば、ご指摘ください。

 なお、次の記事もありましたが、ふざけているような感じがします。

<天気記号の由来>

気象庁のA観測所では、一年の内で快晴が一番多く、書くのが一番簡単な ○ となった。
次に多かった曇りを二番目に書くのが簡単な ◎ となった。
晴れは快晴でも曇りでもないので、○に縦線を入れた
煙霧は双眼鏡を使って観測するため、それに似せた形になった。
雨は○に雨と書いていたが、雨で滲んでしまって●に見えたことから●になった。





 このブログの理科(地学)に関する記事をまとめて電子出版しました。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Re: タイトルなし
komagoma さん、コメントありがとうございます。晴の記号は、飛行機雲が空を横切ったように確かに見えますね。
selfyojji | URL | 2014/01/07/Tue 23:52[EDIT]
私は晴れの記号は飛行機雲がよく見える様子だと聞いたことがあります。
でも、どこのサイトにもそんなことが書かれてない(-_-;)
komagoma | URL | 2014/01/07/Tue 21:35[EDIT]
Re: タイトルなし
ちゃらんぽん さん、コメント、ありがとうございます。
晴れの記号は「日」だというのも、おもしろいですね。
selfyojji | URL | 2013/08/18/Sun 10:54[EDIT]
晴れの記号は「日」だと思っていました。参考になりました。
ちゃらんぽん | URL | 2013/08/18/Sun 01:35[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.