FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

ランダムな強化
 もうひとつ部分強化のパターンを紹介します。

 まったくランダム(無作為)に強化子を与えるのです。

 これはすぐにみなさんが理解できる例があります。

 「釣り」です。

 ぼくは海に囲まれた沖縄に住んでいますが,釣りはほとんどしません。釣りの名所残波岬は近くなのですが。

 釣りでは,いつ魚が釣り針をつつくのか分かりませんね。釣り針を落とした直後かもしれない。1時間後かもしれない。15分後かも,40分後かも。またまたまったくその日は釣れないかも。

 しかし,釣り人はずっと今か今かと待っています。今かもしれないので手を抜くわけにはいきません。時間による強化ならその時間になるまでのんびりして時間になったらまじめに釣り糸をたらす。
 回数によるのなら,魚がかかるのを期待しないで,釣り糸を投げる動作をして,そしてその回数をこなしたら魚をかかるのを期待します。

 しかし,ランダムの場合は,毎回,今魚がかかるかもしれないと期待しながら,気を抜かずに釣りに専念します。

 
 もうひとつ
 パチンコです。パチンコもいつ玉が入るか分からない。
 ぼくは学生時代にちょっとパチンコをしただけなので,最新のとは違うかも知れませんが,ご容赦ください。そういえばぼくが学生のころに手ではじくものから自動でパチンコ玉が次々打ち出されていくのに変わりました。

 パチンコではチューリップが開くと,玉が入る確率が高くなるので,より集中してやります。しかし,基本的にはいつ入るか分からない。気が抜けないですね。


 別のトピで,子どもにプレゼントをするときは,親の気分による,とうい方がいらっしゃいました。そのようなプレゼントをするのは,ランダムな強化ですね。


 学問,研究においてもランダムな強化の例はことかきません。

 マリーキューリー(夫妻)は,ラジウムの抽出に懸命でした。あれをやり,これをやり。こつこつと作業を進めます。ある夜,忘れ物をしたマリーは実験室がほのかに明るいことに気づきます。実験室で,きれいな色のヒカリをはなつ物質があったのです。ラジウムですね。(記憶で書いています。間違いがあればご指摘ください)

 いつ報われるか知らない,しかし今日か,明日かと期待しながら,こつこつと実験を重ねていくのです。

 ぼくは,山元大輔さんの遺伝の本が好きでよく読みます。
 彼も実験のためにショウジョウバエをいくつも掛け合わせて,突然変異をさがします。ひたすら繰り返す。その中から出てくるのですね。

 エジソンの電灯の発明もそうです。


 このように偉大な発見は,いつ出合えるか分からない。しかし,それにいま出合えるかもしれないと期待しながら,地道な研究,実験を重ねていくのですね。


 ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
 この記事はmixi,セルフラーニングのコミュ,心理学入門のトピにぼくが書き込んだものの転載です。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=30656790&comm_id=1037793
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.