FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

中学生のための「地上の偏西風」
 前の記事では、上空での偏西風、ジェット気流について書きました。

 この記事では、中学生にでもわかるように、地上での偏西風について書きます。

 ただその前に、コリオリの力、そして、前回のジェット気流については読んでください。


中学生のための「コリオリの力 」


中学生のための「偏西風、ジェット気流」


 そのことを理解したうえでの説明になります。

 まず赤道付近では、空気が温かいので、上昇気流が起こります。そして北極または南極に向かって空気が流れます。

 北半球でのことを考えます。

 北極に向かった向かう風は、コリオリの力を受けて、右へ右へと曲って行きます。

 そして北緯30度のところで、これ以上は北に行けなくなります。
緯線と同じ方向を向いているからです。
jet2.jpg

 このことは前のジェット気流のところでも、書きました。

 さて、最初、赤道上で暖められて上昇し、北緯30度のところまできた空気も、上空で冷やされています。

 北緯30度の地点で下降気流に変わるのです。

 そして地上まで達すると、赤道にむかって、つまり南に向かって空気が移動します。

 この動きはコリオリの力を受けているので、北東の風になります。

 これが貿易風といわれるものです。偏東風ともいわれます。
 東から吹く風だからです。

 このように、赤道(緯度0度)の地点で上昇、北に向かい、北緯30度で下降、そして南に向かうという、空気の循環ができるのです。
hensei1.jpg

 さて、今度は北極の方を見てみます。北極の空気は冷たいので、下降気流として地上に降りてきます。

 そして南の方に向かって吹いていきます。しかし、この風もまたコリオリの力を受けて、右へ右へと曲がっていきます。

 そして北緯60度のところで、これ以上南の方にいけなくなります。緯線にそった方向に向いているからです。
hensei2.jpg

 ここで進めなくなった空気は上昇気流と変わります。

 そしてまた上空で北極の方に向かって進みます。

 このように、北極(北緯90度)の地点で下降、南に向かい、北緯60度で上昇、そして北に向かうという、空気の循環ができるのです。
hensei3.jpg

以上理解できたでしょうか。

 さて、今度は、2つの循環の間、北緯30度と60度の間です。

 北緯30度のところでは、赤道から来た空気が下降気流を作っています。

 北緯60度のところでは北極から来た空気が上昇気流を作っています。

 この上昇気流と下降気流によって、北緯30から北緯60度のところで、また別の空気の循環ができるのです。

 つまり、北緯60度のところで上昇気流となり、その空気が南の方に向って進みます。そして北緯30度のところで赤道から来た空気とぶつかり、下降気流になります。

 そして地上に降りた空気は北にむかって移動します。このようにここでも空気の循環ができます。
hensei6.jpg

 ただ、この空気もコリオリの力を受けて、右へ右へと曲がっていきます。

 地上の北緯30度の地点で起こった風は、北東に向かって進むのです。

 西の方から吹く風です。これが地上における偏西風となるのです。

 このように、赤道付近で作られた空気の循環と、北極付近で作られた空気の循環によって、北緯30と北緯60度の中緯度のところでは、空気の循環ができるのです。
hensei5.jpg




 さて、前回に続いて、ここに書いたこともネット上のページをあちこち読んで理解したものです。
 もし間違いがあったらご指摘下さい。



「セルフ塾のブログ」の記事の中から、中学理科(地学)に関するものを集め
『セルフ塾の中学理科(地学編)わかる教え方』として、 Kindle ストアから出版いたしました。






関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.