FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

中学生のための領海、公海、排他的経済水域
 中学生の地理では、領海、公海、排他的経済水域について学びます。

 それについては、次のページできちんとをのべられています。

排他的経済水域(EEZ)と領海及び公海の違いを教えて下さい。

 ただ、中学生にとっては難しいと思うので、僕なりに説明します。

 かなりおおざっぱな説明になりますが、中学生にとってはわかりやすいはずです。中学生はこの程度の理解でいいです。

 ここでは、「日本にとって」ということで説明します。

 まず「領海」についてです。
 海岸線から12海里(約22キロメートル)までは「領海」です。

 領海は日本のものです。領海は日本なのです。

 いろんな面で、領土と同じような扱いをします。
 だから、日本の法律が適用されるところです。

 外国の船などが勝手なことをすることはできません。そこに入るな、と日本が言えば、出ていかなければいけません。

 領土が自分の家(建物)だとすると、領海は、自分の家の庭のようなものですね。


 次は「公海」です。

 日本の海岸線から200海里(約370キロメートル)より遠い海で、他の国の領海、排他的経済水域でない海は公海です。

 公海は、どの国のものでもない海のことです。

 公海は、公園のようなものです。

 個人的なだれのものでもありません。みんなのものということです。
 だから、公海では、どの国の船も自由に航行できます。

 さて、その中間にあるのが「排他的経済水域」です。つまり、12海里(約22キロメートル)から200海里(約370キロメートル)までがそうです。

 「排他的経済水域」とは、名前にあるように、経済的なことに関しては、ほかの国の権利を排する水域だということです。
 経済的というのは、お金に関係すると考えていいでしょう。

 だから、その水域の魚などは日本のものです。魚は釣って売ればお金になりますね。だから経済なのです。
 ほかの国の漁船が勝手に、その海域で魚をとることはできません。

 また、その水域で、石油がみつかったとします。その石油は日本のものになります。
 ほかの国が勝手にそれをとってはいけません。

 このように、経済的なことに関しては日本のものだ、ということになります。

 しかし、経済のほかについては日本の権利はありません。
 だから、それ以外のことなら、自由です。

 ほかの国の船が航行することができます。
 また、海底ケーブルなどを設置するのも自由なのです。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.