FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

島まるみぬ瓦屋の老朽化防止と活性化への取り組みについて
 今朝、表に「区民の皆様」と書かれた封書がはいっていました。差し出し人は座喜味区のKyunaさん。僕もよく知っています。

中身を読むと、いいことが書かれています。

 賛同の気持ちと、応援したい気持ちで、ここに転載いたします。

 テレビで、古い民家が喫茶店などに活用されているのを見たことがあります。
 「島まるみぬ瓦屋」もそのようにできないかと、僕でも頭では思います。

 でも、なかなか自分ではできないものです。

 Kyunaさんの実行力には感服いたします。

 なお、ぼくも28年前にほんの少しだけ、手伝いました。

区民各位

島まるみぬ瓦屋の老朽化防止と活性化への取り組みについて


当座喜味区にとってシンボル的な存在である「島まるみぬ瓦家」。
1985年、延べ人数438名の区民ボランティアの協力と、区民や区外からの心暖まる寄付金によって、現在の場所に移築されております。

あれから28年、管理上の問題もあってこれまでに3度吹き替えております。そのまま放置しておきますと・・・。

私(Kyuna)はその目的達成のため、今回新しい事業を計画しております。

その事業とは、「まるみの茶屋」として、小さな飲食店を計画中です。そこで私の建物と「島まるみぬ瓦家」に通路を通す事で常時開放して風通しを良くし、新たな息吹を吹き込む事で物の老朽化を防ぎます。

 いつでも温かいお茶が飲める憩う場所、たまには知人、友人、孫たちと語り合えるコミュニティーの場所として利活用していきたいと考えております。

 次に、周囲の垣根を整理して昔ながらの風情豊かな場所にと希望を持っております。

尚、今回の事業に関しての一切の費用は私が負担し、今後の維持費(電気、水道料等)に関しても私が負担致します。

利活用については、これまで通り公民館を通して利用して下さい。

私も75歳になりました。今やらねば、という思いで、この建物を移築した責任者として、協力して下さったすべての人々の想いをかなえるために取り組んで参ります。

区民の皆様のご理解とご協力をよろしくお願い致します。

追記 昔の民具を探しております。例えば、棒、オーラー、
ティールグァ、サギジョウキ、食台(終戦当時の)等
譲っていただける方はご連絡ください。
平成25年3月8日
 Kyuna



CIMG2339.jpg

CIMG2340.jpg

CIMG2341.jpg
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.