FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

4x/4x が消えちゃった
 中学3年生は、数学で多項式の計算をしています。

 そこに
(6x²-4x)÷4x
という計算問題があります。それを およそ8割の生徒が間違えたのです。

 それを間違えた人の答えは、次です。
(6x²-4x)÷4x=3x/2

それはみな次のような計算をしているのです。
(6x²-4x)÷4x=(6x²/4)-(4x/4x)

ここまでは、いいのです。
次は約分しますね。そのとき、後ろの(4x/4x)は、きれいに約分されるので、消えてしまうのです。だから、
(6x²-4x)÷4x=3x/2 になってしまいます。

 そこで習いに来た生徒に、「それでは 4/4 は何になるの?」と尋ねました。

 すると、皆「1」と答えます。「当然だろう」という顔をして。

 しかし、そのときに、すぐに自分の間違いに気付きます。(4x/4x) も1になるのであって、消してはいけないのだということを。

 それで、
(6x²-4x)÷4x=(3x/2)-1

という正解に達することができました。

 分子、分母が同じなので、きれいに約分されてしまいます。そのとき、深く考えもせずに消してしまうのです。

 このような間違いをやる中でわかってくるのですね。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.