FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

トークン
 「明日の百より今日の五十」で動く子のために,小さなプラス強化子をこまめに与えることを書きました。実際にはどうすればいいでしょうか。

 トークンを利用します。

 「トークン」とは,お金のようなものです。それをいくらかためると,何かと交換できるというものです。

 スーパーマーケットなどで,「ポイント」というのがありますね。あれもトークンです。
 スーパーなどのポイントは,いくらかたまると,何かけっこうな商品がもらえるそうです。

 古本のブックオフにも「ポイント」があります。本を購入すると,何円かにつきポイントがつき,次に買い物をするときにはその分安くなります。少しでも安くなるとうれしいですね。


 だから,ポイントをためるためにせっせとスーパーやブックオフに通います。どうせ同じものを買うのなら同じ店に行った方がポイントはたまります。だから,そこに通います。

 スーパーとしては,ポイントを発行することによって,お客がスーパーに足を運んでくれる,すると商品を買ってくれる,それをねらっているのですね。

 さて,このトークン(ポイント)は,学習意欲にも使えます。

 前におばあさんが孫にオーディオコンポを買ってあげた話を書きました。

 ぼくならトークンを使いますね。

 例えば,塾を休まなければ1日につき1ポイントをあがる,と決めます。それが100ポイントたまったら,コンポを買ってあげるよ,ということにするのです。何ポイントにするかは,それぞれの事情で。
 そして,塾に行ったらカレンダーに○をつけます。カレンダーの○は確実にプラス強化子として働きます。1日行ったら子どもといっしょに○をつける。よし,がんばったね。もう30ポイントたまった,あと70ポイントだね,などと言い交わしながら。

 少しずつポイントがたまっていくのが分かります。目標もあるのでやる気になります。

 さて,このように物でつったら,コンポを手に入れたらまた物でつらなければいけなくなります。そこはよく考えておきましょう。
 だからできれば物でつるというのは避けたいものです。

 ただし,最初は物ででもつらなければ動かない子に対してはそれもしかたないことかと思っています。とにかく最初は動かす。そして,徐々にでも物から離れるように考えます。子どものペースで高価なものにいくのは絶対にさけなければいけません。

 コンポの次に目標がなくなったら,次は家族みんなで食事に行くことにしようよ,という提案はどうでしょうか。子どもが好きなレストランに行くというのもいいかもしれません。

 ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
 この記事はmixi,セルフラーニングのコミュ,心理学入門のトピにぼくが書き込んだものの転載です。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=30656790&comm_id=1037793

 
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.