FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

本物の学力・テスト用の学力
 mixiに「本物の学力・テスト用の学力」ということでトピックをたてました。

http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=31703112&comm_id=1037793


  岸本 裕史著「見える学力、見えない学力 」が以前だいぶ売れました。

  ぼくは,学力には,本物の学力とテスト用の学力があると思っています。

 本物の学力とは,そのことについて深く理解しているような学力です。

 テスト用の学力とは,テストで点数をかせぐことのできる学力です。

 もちろん,このふたつはまったく異なるものではありません。本物の学力があれば,テストでもいい点数を取ることができます。しかし,一概にそうともいえない。大学の数学教授が中学入試問題,もちろん数学が解けなかったというのも聞いた(読んだ)ことがあります。

 テストで点をかせぐにはテクニックがあります。

 ぼくも「塾家」です。生徒には点数をとらせなければいけません。定期テスト,そして入試で。これは,点数があがらなければ,保護者がうるさい,生徒が集まらないとかだけの問題ではありません。もちろん,それもあります。しかし,何よりも点数があがると,生徒のやる気が高くなるのです。
 だから,点数をとるテクニックも教える。入試,検定のときは,過去問題をさせて出題傾向を調べ,それを重点的にさせます。

 しかし,点数だけのために勉強させるのもおもしろくない。ふだんは,より深く理解する学習を心がけています。

 さて,みなさんはその辺りをどう考えていますか。
 
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

ありがとうございます
 terakoyaさん,コメントありがとうございます。テキストは理解してもらうように作り米した。それを分かってもらえて,とてもうれしいです。
仲松庸次 | URL | 2008/06/05/Thu 22:05[EDIT]
本物の学力
yojiさんが書かれたテキストを使用してみて、子どもたちに上の記事で言われるような本物の学力をつけるべくこのテキストを作られたのだなと実感しています。

私も子どもたちの思考力そのものを鍛えるような指導がしたいと日々思っています。


3色ボールペンを用いた読書の記事を今日読ませていただきました。とてもいい方法ですね。参考にさせていただきます。
terakoya | URL | 2008/06/04/Wed 14:09[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.