FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

私立中学受験問題、これいつ習うの ??
 K太君は、私立中学受験に向けた勉強を行っている小学6年生です。

 5年生の時に、私立中学を受験させたい、とお母さんから話しがありました。

 ある程度のことはセルフ塾でもできるが、本気で受験するのなら、受験専門の塾に変わった方がいいですよ、と提案しました。

 すると、セルフ塾を辞めてまで受験勉強をさせる気はないとのこと。

 それで、セルフ塾でできるだけのことをすることになりました。

 算数の1日の課題を通常の2ページから4ページに増やしました。

 それで数週間前に小学6年生の算数のテキストまですべて終了しました。とても順調に進みました。K太君もよく頑張りました。

 さて、受験とはどういうものかを知るために、県内私立中学の過去問題集に取り組み始めました。

 力はあるので、基本的な問題はとてもスムーズにできます。

 でも、御承知の通り、私立中学の試験問題にはめちゃくちゃむつかしい問題があります。

 その解き方を説明してあげると、
「これはまだ(学校では)習ってないよ。いつ習うの?」とのこと。

「これは中学、高校でも習わないよ。これに使う知識は習ったことになっていて、それの応用問題のようなものだよ」と説明しました。

「こんなのは、応用問題とは言えないよ」ととても不満そうです。

「とにかく、これが私立中学受験の現実だから受け入れるしかないよ
 だから、私立中学受験専門の塾があるんだよ」と説明しましたが納得いかないようです。

 僕も納得は行きません。このような問題は応用問題の域を超えています。
 しかし、それが現実なのですから、受け入れざるを得ません。

 そして、それに何とか対応しなければいけないということでしょう。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.