FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

Google Adsenseのアカウントが停止され、再開が不可能に なってしまいました
 Google Adsenseをやっていましたが、 そのアカウントが停止されてしまいました。 再開申立をしたのですが、再開するのは不可能との返事が届きました。もうGoogle Adsenseはできないということです。

 Google Adsenseというのは、僕のブログに googleの広告を貼りつけておき、読者の皆さんが それをクリックしたら 僕にgoogleから 広告料が入るというものです。

 月数千円(1日100円前後)ではありますが、僕も毎日楽しみにしていました。それが出来なくなった ということです。

 経過を書いてみます。

 まず 僕がGoogle Adsenseのポリシー違反をした事から始まります。

 僕は自分のブログに、クリックを依頼する文を書き込みました。

 「この記事が少しでも良ければクリックしてください」 というものです。

  僕は悪いことだとはまったく思っていませんでした。
 それがある日突然 広告配信を停止され、その旨の通知が届きました。

 その時に Google Adsenseのポリシーに違反していることに気づきました。

 それで早速クリック誘導の文を削除し そのことを 報告しました。

 2週間後に Google Adsenseから 広告を再開する通知が来て、また前のように広告が出来るようになりました。

 それが突然2日前に Google Adsenseのアカウントを停止するということで、広告も出なくなりました。

 不正なクリックがあったようです。同じ人が何度も同じ広告をクリックしたのでしょう。これはあきらかにルール違反です。これは僕も知っていました。常識でも分かりますね。

 この不正クリックは、僕自身には全く身の覚えはありません。

 ただ 思い当たることがあります。クリック誘導をのせ、 googleが 広告配信を停止したときのことです。 次のようなコメントが僕のブログに寄せられたのです。

名前:教育者
タイトル:凍結おめでとう
********************
お前みたいなカスがいるから規制が厳しくなるんだ。
不正クリックで凍結させといたから、教訓にしな。
ルールを守る、ってこと。
あんた教育者の資格ないよ。
********************


その「教育者」を名乗る人が いやがらせで、再開された広告を不正にクリックしたのでしょう。

 そう考えると納得がいきます。それ以外に考えられません。

 僕の広告の再開を 面白くないと思い、不正にクリックして、アカウントの停止に追い込んだと思われます。

 ぼくは、そのことをGoogle Adsenseに報告し、アカウント停止を取り消すようお願いしました。しかし、それが不可能ときたのです。

 Google Adsenseとしては、このような不正なクリックは 防ぐことができないのでしょう。

 多分 Google Adsense側としては、あなたの言い分は正しいです。しかし 私どもとしては このような不正なクリックを防ぐ手立てがありません。だから あなたが我慢して、泣き寝入りして下さい、と言っているのでしょう。

 確かに このような不正なクリックを防ぐことは不可能でしょうね。毎日の小さな楽しみではありましたが、あきらめることにします。残念ではあります。

 さて この不正クリックをした「教育者」を名乗る人は、かわいそうな人だと思います。

 僕には、ルールをまもるようにと書きながら、自分では ルールを堂々と破っているのです。自分でルール破りをしていることに 気づく能力も無いのでしょうか。

 また 人を困らせて喜んでいるのです。
 僕のブログに広告が載らないのを見て、「ざまあみろ」と 喜んでいるのでしょう。
このようなことに喜びを感じるというのはかわいそうなことです。 いじめを行う人というのは このような心理が働くのでしょう。今回の 不正クリックそのものが ぼくへのいじめでもあります。

  他人が喜ぶのを見て、自分も喜ぶ人になってもらいたいものです。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.