FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

5とx+2の積は 5×x+2・・・??
 中学3年生は 二次方程式の文章問題をやっています。 その中に 「5とx+2の積」 の式を作らせる問題などが 出てきます。

 すると 多くの子が
5×x+2
とやってしまいます。 これではもちろん間違いです。 実際は5(x+2) にしなければいけません。

 さて それを分からせる為に、僕は 「5と 4+2の積は いくら?」と尋ねます。

 すると、 たいていの子は4+2=6ですから, 5×6=30だと答えます。

 すると、ぼくは「では、 5と4+2の積を1つの式にしてごらん」と言ってさせます。

 この段階でカッコに気づく生徒もいますが、5×4+2 とやってしまう子が少なくありません。
  「5×4+2なら5×4をやって20。 そして2をたして 22になってしまうよ。 本当は30にならなければいけないだろう」と話すと、
多くの生徒が「わかった」 と言って5×(4+2)となおします。

 それが出来た段階で、「それでは5とx+2の積は 何になる」 とたずねると たいていの子が 5×(x+2)とします。

 一応はこれでいいのですが、 「文字式では、× はなくしたほうがいいね」 ということで、5(x+2)に直させます。

 文字式のままでは、なかなかカッコに気づきませんが、整数の計算だとすぐにできます。

 整数の式をもとに文字式に導くと分かってくれますね。

 「カッコはとても重要なんだよ。これがあるかないかで 答えが全然違ってくるんだから」と話すと 「うん そうだね」 という表情で 納得してくれます。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.