FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

文章問題の式は、問題に与えられた数字や文字を使う
  チェック係のNさんが
「S也くんの式が解答とは違います。自分なりの解き方をやったみたいです。答えは当たっています」
 と言って持ってきました。

 僕がチェックしてみると、問題に与えられた数字や文字を用いずに、少し計算をした 式が書かれています。

その問題は次のものです。

半径が6cmの円があります。この円の半径を (6+x )cmとしたときの円の面積は、半径が6cm の円の面積より45πcm²広くなりました。
  このx の値を求めなさい。ただし、円周率をπとします。



この問題では、与えられた数字や文字は 6+x , 6, 45π, そしてπです。 それらをもちいて 式は作らなければいけません。

だから次のようになります。

π(6+x )²=6²π+45π
または、
π(6+x )²-6²π=45π

 それをS也くんは、 6²π+45πを計算して、
π(6+x )²=81π
 にしてしまっているのです。

 このように 途中まで計算をした式を書く生徒が少なくありません。問題はちゃんと解けたとしても、きびしいチェックなら、不正解になってしまいます。

 僕はS也くんを呼んで、「問題に与えられた 文字や数字で式は立てなければいけないよ」 と注意しました。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.