FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

中学3年生の保護者面談に100% 参加
 昨日{9月19日(木)}は中学3年生の保護者面談をおこないました。対象者16人全員の保護者と生徒が参加しました。

 8月におこなった 沖縄県統一プレ入試の結果 データーがその2日前に届いたからです。

 それを見ながら 話しをしました。今回は、主に僕の話が中心で、 データを見ながら今こんな状況だろうというのを説明しました。

「8月のこの時期は マラソンで言えば 折り返し地点だと僕は思っています。42.195kmの約半分。

 Y高校定員は 320。この成績は 折り返し地点で300番ぐらいを走っているというところだね。
 テレビで見ると 300番で通過した。 そのままキープしていけばいいのだけども、かなり冷や冷やという感じがこのデータからは読み取れるんだよ。

 なんとかいけるかもしれないけど、崖っぷちに立っているといった状態だね」

 「A判定だから、いい感じじゃないか。トップグループを今走っていると思っていいよ。この調子でいけば、合格だなと思っていい。
だけど 競争はこれから 激化する。みんな前に行きたいので、順番が これからどんどん変わってくる。テレビのマラソン中継を見ていても わかるだろうけども、 この段階から ずるずると順位を下げる人もいるからね。 気を緩めたら 大変なことになるよ」

「これは正直に言って、もうY高校は無理だと思った方がいいです。内申点が足りないのです。学力検査は、今から がんばれば点数を上げることができるけど、内申点はだめ。 1年 2年 とも決定しているし、3年生のこの時期から上がるにしても、そんなに大幅な上昇を望むことはできない。だからこの状況では無理だと考えた方がいいと思います」

 などなど。

 僕が読み取れるデータをできるだけわかりやすく、正直に説明したつもりです。

 「この結果をもらって、家で見たのですが、よく意味が分かりませんでした。
今日説明を聞いて、とてもよく分かりました。説明が聞けてとても良かったと思います。(息子にむかって)これから頑張ろうね」
 というお母さんもいらっしゃいました。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.