FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

いつか世の中は黒人だらけ? 優性遺伝について
 優性の法則についていろいろ調べていると、 次のページに出会いました。

教えて!goo「いつか世の中は黒人だらけ? 優性遺伝について」


優性遺伝で、人間の体に関するものはこうなっているそうです。(優性→劣性)

目の色・・・黒→青
髪の色・・・黒→金
耳垢・・・湿→乾
髪・・・カール→直毛
瞼・・・二重→一重

ということは、いつの日か、黒目、黒髪のカール、二重、の人ばかりになり、
つまり外観が黒人のような人ばかりになる、ということでしょうか??



この質問者は、メンデルの法則を知っています。

 エンドウの丸い種子とシワの種子。
 純系の丸の種子と純系のしわの種子を掛け合わせると、子の世代では、すべて丸の種子になり、子の種子同士を掛け合わせると 丸の種子とシワの種子が3対1であらわれる ということですね。

 それがどうなっていくのか、次を考えたのです。

 つまり 孫の世代で、しわの種子は、丸の種子の3分の1になるのです。
 するとその次の世代ではその3分の1の9分の1になり、
 さらに、次の世代では、その3分の1の 27分の1になる。
 このようにしていくと、ついには劣性であるしわの種子がなくなってしまうのではないか、というように推理したのでしょう。

 だから、劣性の白人はいなくなり、優性の黒人だらけになってしまうのではないか、 と考えたのです。多分。

 その質問に対して回答者もいろいろ 説明しています。
 ハーディ・ワインベルグの法則というのを出して。

 ぼくは、孫の世代同士を掛け合わせたらどうなるのか、表で考えればわかりやすいのではないか、と考えました。

 純系(AA)と純系(aa)を掛け合わせると、子の世代はすべて(Aa)。
 それを掛け合わせると、孫の世代は、(AA,Aa,aa)が1:2:1ででます。

 この(AA,Aa,Aa,aa)と(AA,Aa,Aa,aa)をかけあわせるのです。

 次のとおりになります。

iden.jpg

  すると AA:Aa:aaは 16:32:16になります。それを簡単にすると 1:2:1です。

 ひ孫の世代も、 やはり AA:Aa:aa =1:2:1で孫の世代とまったく同じになるのです。丸:しわ=3:1ですね。

 優性のもの対劣性のものは 3対1をキープしたまま なのです。

 このように考えると 黒人ばかりになるということが あり得ないということが分かります。

 もちろん こんなに単純ではないでしょうが、基本的には 優性の法則 というのは この様に作用するということです。

 優性か劣性かは、現れるか現れないかの違いであって、その遺伝子がなくなってということではないのです。

 子の世代も孫の世代も そしてひ孫の世代も、優性の遺伝子と劣性の遺伝子の比は1対1なのです。

 ここでは、社会的条件やその他の条件は 考えていません。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.