FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

二次方程式の解は、符号を逆にすればいい????
 明日まで 中間テストです。

 3年生は数学で、二次方程式をやっています。

 それを解いているのを見ると、因数分解までできると、プラスマイナスの符号を逆にすればいい、と機械的に覚えている生徒が少なくありません。

 (x+3)(x-5)=0の場合、確かに x=-3, x=5 になります.
このように プラスマイナスを逆にしてしまえば,方程式の解になります。

 こういう問題だけをたくさんやってると 機械的におぼえてくるのですね。

 さて、きょう(2x+3)(x-5)=0と与えられている問題で、わざわざ展開して、解の公式に当てはめて、間違えている生徒がいました。どこかで計算違いをしたようです。

 意味も分からずに、プラスマイナスを逆にするとだけ覚えているからですね。

 これは、A×B=0のとき A=0 またはB=0 ということで考えなければいけません。

 (2x+3)(x-5)=0の場合には 2x+3=0 またはx-5=0 です。

 だから、 2x+3=0から 3を移項して2x=-3 x=-3/2になります。

 そういう生徒は、
 x(x-5)=0 のようなものでもたちまちとまどってしまいます。

 理解しながら解くのが大切だということですね。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.