FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

ピンポンダッシュ
 一昨日の夜。
 塾の学習時間。生徒に教えているときに,玄関で迎えを待っていた女生徒が緊張した面もちでやってきました。
 「英語を話す人が来ている。私は話せないから来て」
 行ってみると,隣に住むアメリカ人(アジア系)が立っています。
 沖縄では,民間地に住宅を建てて米軍基地に勤務する人に貸しています。この隣人とは顔なじみです。

 「Yoji, あなたの生徒だと思うが,うちのドアベルを押して,逃げていった。ぼくは二階から見ていた」
 わあ,大変。たぶんうちの子です。そういういたずらをやりそうな子はたくさんいます。
 「sorry。 たぶんうちの子です」

 彼はきびしくとがめる様子はなく,笑顔だったので,少しほっと。

 こういうのは,だれがやったのかを見つけるのは不可能だよな,生徒にいっても自分から白状しないだろうし,などと思いながら,教室に。

 玄関に座っていた子に,冗談で
「あんたがやったのか?」
「えっ,何を?」
 ぼくは説明します。

 すると,「それなら,○○と△△だよ。さっき逃げていきよったから」

 ぼくは,すぐに二人と彼の友人を呼びました。1年生男子です。彼らならやりそう。
 できるだけ静かに。
 「さっき,こういうことで隣の人が来たが,あなたたちか?」
 はっきり,認めるわけではないが,否定もしません。彼らがやったことに間違いありません。その場は,軽く注意をしただけに。

 考えた上で,やはり謝りに行かなければならないな,と思いました。

 それで,翌日(きのう)彼らに言わせる謝罪文を英文で作りました。米国留学経験者のセルフ塾卒業生でいま塾で学習援助者をしている子にメールで相談しながら。
 「we are sorry. We won't do it again.」

 家の事情があったようで,昨夜△△くんが来たのは9時5分前。少し遅いな,とは思ったのですが,謝りに行くのは早いほうがいいと思い,練習を少ししてから出かけました。

 チャイムを押すと隣人が出てきました。
「あれをやったのは,彼らです。謝ってもらいたくて連れてきました。」

 十分に練習していなかったので,ばらばらとぎれとぎれですが,
 「ウィアーソーリー,ウィオウントドゥーイトゥアゲイン」

 彼はにこにこ笑いながら「Understand」と言ってくれました。

 一応,一件落着。でも,また似たようなことが起こらないか・・・・
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.