セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

松竹大歌舞伎を観劇
 昨日11月24日 日曜日は、那覇市民会館で歌舞伎をみてきました。


沖縄銀行提供 琉球新報創刊120年記念 松竹大歌舞伎 - 琉球新報 ...

 琉球新報社は「沖縄銀行提供 琉球新報創刊120年記念 松竹大歌舞伎」を開催します。県内での公演は2004年以来、9年ぶり。坂東三津五郎、尾上菊之助らが出演し、2日公演(昼・夜の部)で、全4公演を行います。(坂東三津五郎が病気休演のため、左記の通り配役を変更)

【日時】11月24日(日)昼の部午後12時半開演、夜の部午後5時開演。11月25日(月)昼の部午後2時開演、夜の部午後7時開演。
【場所】那覇市民会館大ホール
【演目】「野崎村」「江島生島」
主 催 琉球新報社
共 催 那覇市
【新版歌祭文 野崎村】
百姓久作・坂東彌十郎
【江島生島】
生島新五郎・尾上菊之助
中臈江島/江島に似た海女・尾上右近
特別協賛 沖縄銀行
協 賛 沖縄ファミリーマート、オリオンビール
後 援 沖縄県、沖縄県教育委員会、沖縄テレビ放送、ラジオ沖縄ほか


 正直に言うと 面白いとは 思いませんでした。

 これは演技が下手だったとか、演出が 悪かった と言うことではありません。

 僕の責任です。

 塾では読書の指導をしています。読書をさせてみて、読み取りが とても悪い子がいます。

 書いてあることがまずその通りに読み取ることができません。また 小説では行間も読まないといけないのですが、それを読み取る力はもちろんありません。

 このように 読み取る力がなければ、本を読む面白さ というのは味わえないだろうなと いつも思っています。

 さて 今回の 歌舞伎。
 歌舞伎独特の 節回し、また唄もちゃんと聞き取れなければ、内容がわかりません。

 僕はそのせりふ、唄をきちんと理解すすことができず、筋を追うことも十分にはできませんでした。

 歌舞伎の独特の セリフの言い回しを聞き取る力がなければ、面白さが分かるはずがありません。

 また歌舞伎には独特な約束ごともあると思います。
 そのようなことも 僕はまったく知りません。

 だから、面白いと思わなかったのは僕の力のせいだと思います。

 ただ行って良かったです。

 沖縄では 歌舞伎は ほとんど行われず、それに触れる機会はまれです。
 歌舞伎は、日本を代表する文化です。

 豪華配役による 本格的 な 歌舞伎を観劇するという経験ができたのは、とてもよかったです。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

ケノーベルからリンクのご案内(2013/11/25 09:04)
那覇市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。  [続きを読む]
ケノーベル エージェント 2013/11/25/Mon 09:04
Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.