FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

飼い猫 スーチーがなくなりました 17歳
 自宅で飼っている猫のスーチーがきのうなくなりました。17歳でした。人間の年齢に直すと 84才 とのこと。 老衰死です。

 17年前の雨の降る日に セルフ塾にやってきました。 塾の生徒の一人がどこかでひろってきたのかもしれません。

 ほんとに生まれて数日くらいという感じ。 やせ細っています。 目の病気かうるんでいました。 すぐに動物病院に。 すぐに死んでしまうかもしれないと思いながら、飼い始めました。

 ミルクも自分では飲みきれないので Kyokoが 注射器に牛乳を入れて 少しずつ飲ましていました。

 そのころ家には 母猫がいたので、その猫のおっぱいも飲んでいました。

 そのうち元気に育ちはじめました。

 偉人の名前からと思い、メスだったので「スーチー」と名付けました。

 この猫ほど僕らに くっついてくる 猫はいません。

 夜、僕がベッドに座ると、すぐ横に来て 横になります。
 背中をポンポンと軽くたたかれるのが 大好きでした。

 僕が眠ってしまうと すぐにKyokoのところに移動し、布団にはいり、一緒に寝ていました。

 とても短気でした。寝ているときにKyokoが 少しでも動くと怒ります。 時にはKyokoに手(前足)を出すこともありました。

とにかく人間が大好きで、いつでも すぐ近くにいました。

 Kyokoが 帰ると、玄関まで迎えにきます。
 死ぬ数日前まで 玄関に迎えに来たとのこと。

 このところずっと弱くなりました。

 そして あっちこっちにおしっこをもらすようにもなりました。

 2・3日前に急に元気がなくなり、動物病院に連れて行くと、数日のうちに死んでもおかしくないとのこと。 本当にその言葉の通りになりました。

 とても寂しい思いがします。老衰死です。

 僕のしゅうとも叔母も老衰死でした。 その他 老衰死で亡くなった知人はいます。

 でも、人間の老衰死は今のところ僕よりもずっと 年配の人たちです。

 猫の場合には寿命が短いので、この子の生まれたての頃からずっと知っているのです。

 まあ、スーチーは幸せ だっただろう と僕は思います。
 できるだけ のことをやり、かわいがってきたつもりです。

 ぼくもKyokoもスーチーのおかげで幸せでした。ありがとうね。スーチー。

IMG_20130416_091314.jpg
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.