FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

地図の縮尺の理解
質問メールをいただきました。 ありがとうございます。

1月21日に中学受験を控えた息子の母です。
地図の25000分の1の地図、5000分の1など縮尺の違いが今更ながら理解できていません。どちらが詳しく書かれているか理解できないようです。
すみませんが、お力お借りできますか?



 さて 縮尺の理解では、まず5000分の1や 25000分の1など大きな数字での縮尺の前に,小さな数字での 縮尺で 大きさを 理解したらいいですね。次の図は 2分の1と 4分の1の図です。4分の1の図の方が 小さくなることが分かります。
shojo3.jpg

 つまり、縮尺の分母が大きければ大きいほど、図は小さくなるのです。
 だから、5000分の1の地図よりも 25000分の地図の方が小さくなります。

 次に、次の図で考えてみましょう。
shojo2.jpg

 左側の図は、少女の全身の図です。 そして右側の図は、その顔のアップです。顔だけが大きくなっています。

 左の図では 全身を見ることができる代わりに、顔の表情はイマイチよくわかりません。

 右側では顔がアップになっているので、顔の様子がよく分かります。
 アップにしたほうが 表情など詳しいことが分かる ということです。

 写真には、広角とズームアップがありますね。
 左図の少女は、広角のようなものです。

 広角の写真は、広い範囲を写すことができますが、ひとつひとつは小さくなります。

 右の図は写真のズームアップのようなものです。望遠鏡でのぞいたように、大きく見えます。

地図においてもそうです。25000分の1は小さくなりますから、広角の写真のような物です。

 広い範囲を 見渡すことはできますが、ひとつひとつが小さくなっています。

 5000分の1はそれにくらべると、ズームアップに なった 写真のようなものです。

 一つが大きく見えます。その代わりに狭い範囲に なっていますね。

 このような感じで縮尺の分母の数が小さければ小さいほど、アップになり、具体的で詳しい地図に なります。

 次の方法も試してみてください。

 googleなどのインターネット地図を見るのです。

 インターネット地図は、縮尺を気軽に変えることができます。

 縮尺のプラスをクリックすると、だんだん 地図が大きくなります。アップになります。これは縮尺の分母の部分が小さくなるようなものです。

 それを見ることで、それまでは地図に現れていなかった小さな道や小さな店なども、わかるようになります。

 その違いは 大分はっきりするのではないでしょうか。




(さっそく、感想をいただきました。ありがとうございます。お役に立ったようでうれしいです)

本当にありがとうございました。
息子が、わかりやすくて、地図に自信がついたと、申しておりました。

関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.