FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

薔薇100回の罰
 ついでにもうひとつの罰。

 セルフ塾では,ぼくやKyokoの机の前には,数人の生徒が並ぶことがよくあります。習っている子や印鑑をもらいに来た子など。

 教えるときには,できるだけその子が考えるような質問をします。
「はい,ルート9はいくら?」など

 すると,隣に立っている子が答えを言うことがよくあるのです。分かっていることは口から出てくるのでしょうね。

 これは取り締まらないといけない。横から答えを言ってしまったら,その子に考えさせることにはなりません。

 そういう時は難しい熟語を何回も書かせるのです。「はい,答えを言ったから,『麒麟』を100回」と言って。麒麟を100回はかなりきびしいです。生徒はふうふう言いながらノートいっぱいに書いて持ってきます。

 麒麟のほかに,蝙蝠,薔薇などです。 
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.