FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

モチベーションを上げる方法
mixi の「子どもの自学。」のコミュで,

学習へのモチベーションを上げる方法。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=32077266&comm_id=3430761

 というトピが立ち上げられたので,次のようなコメントを書き込みました。


KIRIKOさん,ぼくのコメントを引用していただき,ありがとうございます。

 きのう,このトピを見ました。ぼくの関心のあるところで,これまでいろいろ考えてきた課題です。

 ただ,大きな問題でひと言で語れるものではありません。どう書こうかなと考えていたところです。

1,まず,勉強っておもしろい,と感じるようにしたいですね。人間は本来好奇心を持っています。それを刺激するような課題を与えると,やる気がでるはずです。おもしろいのは,自分が全力をあげて取り組みその結果やり遂げることのできる程度の課題です。簡単すぎるのも難しすぎるのもおもしろくない。

2,1と大きな関わりがありますが,分かるようにする,ということです。分からなければおもしろくありません。分かるようになるとおもしろくてやる気になります。

 だから,ただ暗記をさせるというのではなく,理解して解けるようにする。その子のレベルにあわせた課題も大切です。そのためにこのコミュのように「子どもの自学」が必要になります。自学ですから,他人と同じ課題をする必要はありません。
 その子が求めているものをする→すると分かるようになる → おもしろくなる → やる気になる。という図式ですね。

3,テクニックとしては,ノルマ制というのもあります。
 勉強の量を時間ではなく,課題の量で決めるのです。きょうは算数2ページ,国語2ページ,そして漢字の練習(具体的にきめる)をやれば終わって遊んでもいいよ,という感じですね。
 時間で決めると,なんとなく座っていても終わる。また一所懸命やっても目の前は特にいいことはない。
 それに対してノルマ制だと,これだけやれば遊べるんだと張り切ってやります。

セルフ塾のブログ(セルフ塾のノルマ制)
http://selfyoji.blog28.fc2.com/blog-entry-102.html

4,積極的にすすめるわけではありません,できたら避けたいのですが,勉強をとてもいやがる子は,物でつります
 物でつるときは注意が必要です。絶対に先に物をあげてはいけません。それから,ポイント制にしたらいいですね。長くなるので,詳しくは
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=30656790&comm_id=1037793 の60,61 に書き込んだぼくのコメントを。

5, また,一科目だけ決めて学校の授業を理解できて,定期テストの点数をあげるというのもいいです。学校の授業が理解できる,テストの点数があがったというのは,とてもやる気にむすびつきます。点数主義というより,子どものやる気を出すために点数を上げるということです。その一科目は数学がいいです。

6, ほめるということです。ちょっとしたことでほめる。できるだけほめるように努めます。

一応以上。いろいろ手はあると思います。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.