FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

電流、電圧とは、どんなものか
 中学2年では、電気について学びます。

 そこを学ぶときに、もっとも大切なのは、電流、電圧とはどういうものなのかというイメージをもつことだと思います。

 電気、電流は目に見えません。オームの法則などを覚えても、イメージがないと理解しにくいのです。ただの数字の遊びになってしまいます。

 だから、最初で、イメージをもってもらうことが大切です。以下は、中学生のために書きました。

 金属の中を自由に動き回っている,マイナスの電気を帯びた粒を自由電子といいます。
 自由電子が動くと電気になります。
 この自由電子の流れのことを電流といいます。
 簡単に電気の流れを電流ということもあります。

 電流の強さは、A(アンペア)という単位を用います。

 1Aは,導線の断面を,1秒間に電子が

 およそ6240000と0が16こ並ぶ個数通過するときの電流の強さです。
 6240000と0が16こ並ぶ個数は、6.24×1018と表します。
 ここではこの表し方を覚える必要はありません。
 ものすごい数の電子が流れていて、

 1秒間に6.24×1018個の電子で1Aだということだけを
理解してください。

 その2倍の12.48×1018個の電子で2A、
 18.72×1018個の電子で3Aです。

 電気を使うには,電池や発電機に線をつないだり,コンセントに差し込んだりしますね。
 電池などには電流を流すはたらきがあるからです。

このような電流を流す働きのことを電圧といいます。
 電気を押し出す圧力ということで電圧です。

 電流は水の流れにたとえることもできます。

 水鉄砲で水を押し出します。水が流れ出ますね。
 あの水の流れが電流で水鉄砲が電圧です。

 水鉄砲の水を押し出す圧力で水が流れるのです。

 心臓が電圧で、血液の流れが電流のようなものとイメージしてもいいです。
 水鉄砲や心臓のように押し出す力があるから水や血液は流れでるのです。

 電圧で電流を押し出すから電気が流れるのです。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.