FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

閉塾にあたっての言い訳
今月いっぱいでセルフ塾を閉めます。

今日が小学部の「がんばった 会」、中学部の「合格祝い」があり、 明日から春休みになります 。

 それで、昨日は 中学部の学習指導の最終日でした。

セルフ塾の電話回数券で残った分は、払い戻しをおこないました。

H子さんから戻った回数券の裏に、次のようなメッセージが書かれていました 。
(名前の部分は折り曲げてあります)

DSC_0374.jpg

感謝の気持ち
ありがとうございました
ずっとセルフがよかった~
他の塾に行きたくね~
しけぴー
ありがとう
頭が良くなった~🎵
きょうこさん、ようじさん
うめこ、よじろう、ひえい、よしこ
ありがとうございますね。



とあります。
涙が出るほど、 嬉しいです。 こちらこそありがとうございます。

さて、 特に 現在の中学2年生、 来年高校受験生になる 生徒やそのお母さん方から、
もう1年続けてくれるように よく言われました 。

この子達がセルフ塾に入塾するときに、途中でセルフ塾を閉めることになる、それでもいいなら 入塾して下さい、と 伝えてはあります。

でも、やはり、その子たちを見捨てるようで、 後ろ髪を引かれる思いです。

たぶんこの子たちをこれまで教えてきて、親しくなった現在に、閉めることを検討するのなら、閉めるという結論を出すのは難しかっただろうと思います。

私どもは もう10数年前から、 60歳になったら セルフ塾を閉めよう、そして 新しい人生を歩み始めよう、と 話し合い、計画していました。それを 実行に移しているわけです。

それは、その子たちの顔を知らなかったからできたことだと思います。

いまは、まだ少しは若さも エネルギーも残っています。
今のうちに 新しい人生を始めなければ、もうできないでしょう。

確かに、いまの仕事は 面白いです。やりがいもあります。

ただ やはり新しいことも やってみたいのです。

何をするか、まだ公には内緒です。周りの人たちには話しています。
うまくいけば、そのうちに、お知らせしますね。

そういうことで ご了解 お願いします。

閉塾にあたっての言い訳でした。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.