FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

火星の最接近は、陸上 トラック競技の 長距離走での1周遅れ
4月14日に、 火星が地球に最接近するそうです。 それは 前の記事で書きました。

4月14日、火星が地球に最接近


  さて、 その ことについて、 誰かに質問されたわけではないのですが、そのことを分かりやすく説明をするには、 どうすればいいかなと考えてみました。

 そこで考えついたのが、 陸上競技 トラックでの 長距離走です。

 例えば、トラック1万メートルを走っているうちに1周遅れのランナーが出てきます。

ランナーには足の速いランナーと、遅いランナーがいます。
  例えば 遅いランナーが9周しか走っていないのに、速いランナーは10周走るということがあるのです。

  そこで 2人のランナーが並ぶという瞬間があります。そして、抜き去るのですが、並んだ時には2人のランナーは最接近しているのですよね。

 火星と地球も同じようなものです。 火星は地球の外側を公転しています。遠回りをしているので、距離が長いです。 そして 速度も遅いです。

  地球が速いランナー、火星が遅いランナーです。

 2つの惑星が公転しているうちに、地球が火星に追い付いてしまうのです。

  その時が 火星の最接近ということですね。

  このように説明したらいいのかなと考えてみました。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.