FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

「分かりやすい文章」の技術


 同じ著者による「『分かりやすい表現」の技術」,「『分かりやすい説明」の技術」がとてもよかったので,古本屋で見つけたとき,迷わず買いました。新本屋で見ていて古本になるのを待っていました。

 期待をうらぎらないいい本でした。

● 私は,短期記憶を分かりやすく「脳内関所」と呼んでいます。

● 本書では,長期記憶を,分かりやすく「脳内辞書」と呼びます。

● 新しい情報は脳内関所で審査され,同じ種類の脳内辞書に収められます。その瞬間に私たちは「分かった!」「そういう意味なのね!」と思うのです。
 つまり,「過去の記憶との一致」が「分かる」の重要な要素なのです。


( なるほど。ぼくもいま過去の記憶と一致して,「分かった!」と思いました。 そういう例えもできるんだなあ )

● 分かりやすい文章とは,この脳内関所で行われる作業を,書き手ができるだけ事前に代行処理し,読み手の脳内関所の作業負担を軽くしてあげる文章のことなのです。

( できるだけ読み手を楽にしてあげるということなんだ )

● 実務文は,全文を必ず読んでくれるという前提で書いてはいけません。斜め読みされたり,読むことを中途放棄されたりすることも考慮の上で書く必要があります。

( なるほど。ぼくも新聞を読むときはみだししか読まないし,記事も最初だけ読んで中途放棄するのに,自分が書くときはそれほど意識していなかった )

● キーワードは,覚えやすいように奇抜な名前や特徴ある名前,または主張の内容を表す比喩になるような名前がいいでしょう。

( 納得。これも今まで考えたことがない ) 
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.