FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

「連立方程式が解けた!!!」
 K奈さん,中学2年生女子。この4月にセルフ塾に入塾,3ヶ月目になります。
 数学が大の大の苦手です。1年のころの数学の点数は4点だったとか。

 数学が4点も納得です。正負の計算も満足にできません。ただ,頭のすみには残っているようで,「マイナスとマイナスでプラスでしょう」といいます。
 ただし,たし算,引き算でも,マイナスとマイナスでプラスになるから問題です。

 さて,期末テストも目前に迫りました。今回のテストの中心は「連立方程式」。

 簡単な方程式でいいから解けるようにする,ということを目標にぼくは挑みました。

 まずは,1年で学ぶ一元一次方程式から。

(1) 2x=6 のような問題をたくさんさせます。

(2) x-5=3 , x+5=3 のような移項が入る方程式。

(3) 2x-4=6 のようなもの。正解率が悪いので,似たような問題を何日も繰り返します。50問くらいはやったでしょうか。不安定ながら何とかできるようになりました。

(4) x=8
  x+y=9
です。代入し,移項しx,yを求めるものです。
代入の指導はまた別の記事で書きます。: 

(5) 
x+2=8
 x+y=3
 簡単な一元一次方程式を解き,それを別の式に代入し,yを求めます。

  2y+6=-2
x-y=5
 のような問題までできるようにします。

(6)
2x+y=10
x+y=9

 そして,このような連立方程式です。上の式から下の式をひけばすぐにxを求めることができます。それを代入し,yを求めます。とてもとても簡単なものとはいえ,これは連立方程式です。

 
 これも最初は苦労していました。ラッキーなことに,生徒数の多いY中のテストは終了し,K奈さんのF中の指導に集中できます。F中は在塾生たったの3人。

 一問解いては,ぼくがチェックします。
 「ここでx=3,となっているのに,なぜx=5になっているの?」
 書き写すことさえ間違えるのです。代入で間違えたり,移項で符号を変えなかったり。とにかくありとあらゆる間違いをしてくれます。それをそのたびに指摘。

 しかし,繰り返すうちに正解まで自分でできるようになってきました。
 ぼくもうれしいものですから「K奈,GOODだよ」とほめます。

  K奈さんもにっこり。

 そして,正解率がどんどん高くなってきます。とてもとても簡単なものとはいえ,連立方程式です。それができるようになっていきます。

 「これもGOODだよ」が多くなります。

 もちろん,K奈さんもにっこり。
 「ほら,できるようになるとうれしいでしょう」

 「うん,Yojiさんの『GOOD』が,とてもうれしい

 教える仕事をしていてよかったと思えるときです。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.