FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

「方眼」ならぬ 「三角眼」
中学1年数学では、回転移動を学びます。

回転移動の作図では、方眼を使う問題があります。

さて、方眼をもちいて 回転移動させる問題では、90°と180°の回転しか基本的にできません。

45°などの回転の場合には、 コンパスを使うか、定規で長さを測る必要があります。

90°と180°の回転だけでは 問題のパターンが決まってしまい、面白くないです。

それで、正三角形を並べて「三角眼」を作ってみました。

これなら60°、120°の回転の問題もできます。
sankakugan.jpg

なお、「方眼」の「方」は四角という意味、「眼」は「穴」という意味のようです。

四角の穴がたくさんならんだのが「方眼」
三角の穴がたくさんならんだのが「三角眼」です。

「三角眼」はぼくの造語です。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.