FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

梅子 あわや
昨日 4月4日、階下で 電話の呼び出し音 がなるので、 いそいで駆け下り、でました。

「仲松さんですか?Yです」
セルフっ子のお母さんです。

「梅子は今どうしていますか。 ウメ子らしい犬が県道をうろうろしています。車も多いので、危ないとおもって」 とのこと。

思い当たることがあります。 梅子は今 自宅で飼っています。 庭は自由に歩けるようにしていて、普段は 門扉を閉めて外に出られないようにしています。

ところが、 今日は門扉を開けて、用事をし、あとできちんとしめなかったかもしれないと思ったのです。

僕はすぐに道に出ました。

すると、目の前の県道の反対側の歩道に、梅子がいます。知らない人2人が近くにいます。男女のカップルです。

女性の方が、「 この犬の主ですか? よかった」と言いました。

「 目が見えないのですか?」 ともいいました。

梅子は 最近 ほとんど目が見えないようです。耳もだいぶ遠くなっています。

目が見えない様子で、車の通りの多い県道をうろうろしていたのでしょう。
それで、心配になって保護してくれたようです。

僕が来たことで「よかった」「よかった」 を連発していました。本当にほっとしたという表情です。
2人は、ウォーキングをしている途中だったようです。

ぼくは、何度もお礼をいいながら、梅子を連れて帰りました。

連絡をしてくれたYさんといい、保護してくれたカップルといい、 やさしい方ですね。

そのおかげで 梅子も無事に帰ることができたのです。

Yさんにお礼のメールをすると、「よかった。心配でした」とのこと。

心配してくれてありがたいです。

今後は門扉を しめ忘れることのないよう 気をつけることにします。

(庭を散策する梅子)

関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.