セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

武蔵府中熊野神社古墳
東京都 府中市に行ったので 府中市 観光 を少ししました。

一番行きたかったのは、武蔵府中熊野神社古墳です。
駅前から、旧甲州街道を30分余り歩いてやっと到着。

CIMG2215.jpg

古墳の上が円、下が四角形の形をしています。「方」は「四角形」のことですね。それで、「上円下方墳」です。 かなり珍しいようです。

このあたりが 古墳時代にはそれなりの勢力があったということですね。
石で固められていました。 とても綺麗です。 周りをぐるっと回りました。

CIMG2217.jpg

CIMG2219.jpg

CIMG2220.jpg

発掘調査もまだすすめられているようです。
CIMG2223.jpg

以下は、Kotobankより

むさしふちゅうくまのじんじゃこふん【武蔵府中熊野神社古墳】

東京都府中市西府町にある7世紀中ごろから後半の上円下方墳。多摩川が形成する立川段丘崖から500mほど段丘内に入ったところに所在。2003年(平成15)から行われた内容確認のための発掘調査で、下部2段が方形、上部1段が円形の上円下方墳であることが明らかになった。内部主体は凝灰岩質砂岩を用いた切り石積みの横穴式石室で、石室は南からハの字に開く前庭部、羨道(せんどう)、胴張り気味の前室と後室、胴張りの玄室へとつながり、内側にせり出す門柱状の石材によって各々が区切られていた。石室からは銀象嵌鞘尻金具(ぎんぞうがんさやじりかなぐ)1点、ガラス小玉6点、刀子(とうす)3点、鉄釘約300点が出土した。この古墳は7世紀中ごろから後半にかけて築造された、武蔵における最大級の墳丘をもち、内部主体も大型の石室であるため、この時期の武蔵を代表する首長墓と位置づけることができる。当時の武蔵国の動向を知るうえでも貴重なことから、2005年(平成17)に国の史跡に指定された。JR南武線西府駅から徒歩約8分。




関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

ケノーベルからリンクのご案内(2014/08/08 09:03)
東京都府中市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。  [続きを読む]
ケノーベル エージェント 2014/08/08/Fri 09:04
Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.