FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

国指定文化財(史跡) 武蔵国府跡
府中で、もう1つ行って見たかったのが、「国指定文化財(史跡) 武蔵国府跡」。
府中駅のすぐ近くにありました。地図をみながら行ったので、まあまあ楽にさがすことができました。
国府は、「古代日本を構成する各国ごとに置かれた役所のことで、現在でいえば県庁」にあたります。

武蔵の国の県庁といったところですね。武蔵国(むさしのくに)は、現在の東京都、埼玉県および神奈川県 川崎市・横浜市にまたがる地域を占めた旧国名。

そこの中心が府中で、その役所跡が武蔵国府跡です。

いまは、写真のように柱が見えるだけです。でも、ここが武蔵国の中心だったんだ、と思いながら見ると、また格別です。

武蔵国府跡

大化の改新によって、武蔵国(現在の埼玉県・東京都・神奈川県の一部)がおかれ、その政治の中心地「国府」は現在の府中市に置かれました。国府の政務機関である、”国衙“(こくが)の跡が30年余りに及ぶ発掘調査の結果、大國魂神社の境内および、その東側一帯に存在していたことが確実となり、さらに、その中枢施設”国庁”とみられる大型建物跡が発見されました。 この建物跡は最重要施設として、史跡に指定されています。



CIMG2209.jpg

CIMG2210.jpg

CIMG2211.jpg

CIMG2212.jpg

関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.