FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

苫米地氏の論理では、日本の神々はまだ生き残っている
前の記事では、苫米地英人著「なぜ 脳は神を創ったのか?」で、神が存在しないことの証明を見てきました。
苫米地英人著「なぜ 脳は神を創ったのか?」


物理学における不確定性原理と数学における不確定性定理という2つの大発見によると、全知全能はありえないから、神は存在しない、という論理でした。

さて、全知全能である神は、ユダヤ教、キリスト教の神です。

日本の神々を見てみましょう。

日本の神様といえば まずイザナギノミコトとイザナミノミコトですね。

古事記の最初は、この世がどのようにできたかの話です。
イザナギノミコトとイザナミノミコトが子どもをつくりますが、 女性のイザナミノミコトから声をかけたので、不完全な子しかできません。

それで 次は男性である イザナギノミコトがから声をかけるように すると、りっぱな子どもたちが生まれたということです。

この話から分かるように、イザナギノミコトとイザナミノミコトは間違いを犯したのです。

(ここで障がいを持った子が産まれたら、間違いなのか、と言われそうなので、ちょっと言い訳。
間違いだと思ったのは、イザナギノミコトとイザナミノミコトです。これではいけないと言って、やり直すのですから。)

とにかく、自分たちの思うようにならなかったのです。
このことから、イザナギノミコト、 イザナミノミコト が 全知全能の完全な神様ではないことが分かります。

日本で一番有名な神様は天照大神( あまてらすおおみかみ)でしょう。

天照大神は、弟の スサノオノミコトの蛮行に 手を焼き、 天の岩戸に姿を隠します。

「私にはどうしようもない」ということですから、全知全能の神でないことが分かります。 全知全能なら弟の蛮行でもすぐにでも直せるでしょうからね。

日本の神々は とても人間的です。 完全無欠ではないのです。欠点もいろいろもっています。 それでも神様なのですね。

だから、全知全能はありえない、だから神は死んだ、という苫米地氏の論理では、日本の神々も死んだとは言えないのです。

ギリシャ神話の神もそうです。 神の中の神のゼウスは 妻の目を盗んで浮気をしますが それがバレてしまったりします。 如何にも人間的ですね。

ゼウスも全知全能でない神様なのです。

不確定性原理、確定性定理 が証明されたことにより、全知全能の神は死んだのでしょうが、全知全能ではない神々はまだ生き残っているということです。

次は ユダヤ教の神、キリスト教の神、イスラムの神 について書くつもりです。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.