FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

「代入」の導入
 「代入」というのも,最初はとても理解しにくいもののようです。

 (ぼくの説明)

 もえこさんのお店で,果物の詰め合わせを売っています。1かご1000円。
 かご代100円に,りんご300円分,みかん200円分,いちご200円分,なし200円分が入っています。

 さて,ある日,なしがなかったのです。どうすればいいでしょうか。

 もえこさんにとってはよくあることです。なしの代わりに,店にあるかきを200円分入れて出来上がり。

 なしも200円,かきも200円なので,交換してもいいですね。このように,同じ価値のあるものなら,代わりに入れてもいいのです。


 もう一つの例

 ちかさんは,よく自動販売機でジュースを買います。ジュースは100円です。それで,いつもは100円玉硬貨を1枚入れて買うのですが,きょうは100円硬貨がありません。しかし,10円玉がたくさんあります。どうすればいいでしょうか。

 もちろん,10円玉を10枚入れればいいですね。


 数学の場合もそうです。同じものなら代わりに入れることができます。これを代入といいます。

 さて,x=3 とします。x+3 はいくらになるでしょう。

① まず,x+4 を書きます。
② xのまわりに( )をつけます。(x)+4 になります。
③ xを消しゴムで消します。 (  )+4 になりますね。
④ x=3 ですから,( )の中に3を入れます。(3)+4 
⑤ (3)+4=7 で答え 7

 慣れてきたらすぐ代入してもいいですよ。

( 最初は,これくらいていねいに教えた方がいいです。 )

 
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.