FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

楽天のカードでも外国でお金を引き出せる
 自分で外国に行くときにまず心配なのは 飛行機の便の予約、そして宿泊地の予約です。

次はお金の問題です。

ちょっとした旅行なら、多めに 現金を持っていって、紛失や盗難に 注意するということが 考えられます。

でもロングステイとなると、たくさんの現金をそのまま持って行くわけにはいきません。

「カナダ バンクーバー ロングステイ術」には次のようにあります。
カナダ・バンクーバー ロングステイ術


長い滞在になる場合は カナダ国内の銀行に口座を開設して、日本から送金することをお勧めします。
(中略)

TDカナダトラストでも非居住者の開設を受け付けていますので、 同行の日本語バンキングセンターに 一度相談に行くと良いかもしれません。円口座などもあつかっているとのことです。


 ぼくの読んだ他の本でも、同じようなことが書かれています。日本人が窓口になっているとのこと。


 日本人が銀行にいて、 そこの口座が開けるのなら それは便利だ、それでいこうと考えました。

ところが 「地球の歩き方 カナダ西部」には、次のようにあります。
B17 地球の歩き方 カナダ西部 2013~2014

現地のATMやCDで現地通貨の引き出しができるキャッシュカード
新生銀行の新生総合口座パワーフレックスなら海外の”PLUS”マークのあるATMやCDで現地通貨の引き出しができる。現地通貨は即時に日本円に換算されて同口座の円普通預金から引き落としされる(ATMやCDによっては手数料がかかることがある)ので いざというときに便利。なおカナダからの口座開設はできないので注意。


とあります。 これはこれなら カナダで口座を開くよりも便利だな、と思いました。

「バンクーバー ロングステイ術」の発行年は 2006年、「地球の歩き方 カナダ西部」は 2014 年です。8年で変わっているということでしょう。

僕は新生銀行に口座がありません。 でも 新生銀行の口座を作れば 海外で現地通貨が引き出せるのですから、 現地口座を開くよりもずっと便利です。

それでその方向で動き出したのですが、 やり始めて ふと思いました。

もしかしたら、楽天銀行でもできるのではないかと。

 アマゾンキンドル(電子書籍)のロイヤルティー 振込に手数料について、ネット上では、 新生銀行ではかからない、とあったのですが、楽天銀行でも無料で出来ました。

Amazon kindleダイレクト出版 でのローヤルティー入金 楽天銀行も手数料0円

それで、楽天銀行でも 現地のお金を引きだせるのかもしらないと思ったのです。

それでネット上を 探してみると、 次のページがみつかりました。

楽天銀行デビットカードの使い方(海外編)

出発前:お近くのATMなどで入金
海外出発の前に、お客さまの楽天銀行口座に入金!イオン銀行・イーネット・セブン銀行・みずほ銀行・ゆうちょ銀行・ローソンのATMから入金できます。
提携ATMのご案内
到着後:Visaの海外ATMで引き出す
「Visa」および「PLUS」のマークがついた海外ATMで、口座から現地通貨で引き出せます。

海外でのご利用手数料
お引き出し手数料は無料です。
ただし、海外ATM設置銀行独自の手数料が必要な場合があります。


楽天銀行のカードがあれば 外国でも現地のお金を引き出すことができるのです。

それは便利です。僕は楽天銀行の口座はもっていますが、カードは持っていませんでした。

それで、すぐに申し込みました。これなら新たに口座を開く必要はありません。カードがあればいいのです。

これでお金も問題も解決できそうです。実際に現地で引き出すまでは不安もありますが。

ロングステイも年々便利になっているなと感じています。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.