FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

カナダの病院に行き、薬をもらう
きょうはとても大きな仕事をしました。

 いまカナダにいます。

 ぼくも妻も高血圧症の持病があり、沖縄では定期的に通院し、薬をもらっています。カナダに発つ前に、いつもより多めに薬を出してもらいました。

 でも、カナダに5ヶ月いる予定ですが、5ヶ月分はさすがに無理とのこと。

 まだ薬は残っています。しかし、バンクーバーで薬をもらったほうがいいと思い、そこを離れる前に行くことにしました。

 予約していた病院(メインランドクリニック)の場所は以前確認してあったので、すぐに分かりました。

 受付に行き、ぼくらが日本人だと分かると、日本人スタッフを呼んでくれました。

 沖縄で医者に書いてもらった診断書などを渡し、無難に受け付け終了。
 診察料は250ドル(約2万5000円)支払いました。帰国した後、国保に申請すると還付されるそうです。

 日本語の通訳をお願いすると90ドル(9000円ほど)かかるそうなので、通訳はお願いしませんでした。{持病に関しては旅行保険は適応しないとのこと。そして、旅行保険が適応することに関しては通訳料も0になることもあるようです}

 そして、診察室に通されました。

 しばらくそこで待たされましたが、やって来た医者がとてもやさしそうな先生でした。
 ぼくは、そこに来る前に、病気のこと、薬のことなど、医者に伝えたいことを、Google翻訳を利用して、英作してスマホに入れておきました。(Google翻訳については後日書きたいと思っています)

 スマホの画面をみながら、それを読み上げました。先生は、診断書を見ながら静かに聴いてくださいました。
 その後、薬が欲しいんだね、と言って薬を出す作業をしていました。
 
 日本とカナダでは薬がちがうので、似たものを出します、と言って、とても分厚い本を広げたり、スマホで調べ物をしたりしていました。
  そして、ひとつ一つ説明を加えました。
  これは同じのがないから似たものにした。
  これは大きい錠剤しかないので、カットして4分の3ずつ飲みなさい、などなど。
 分かりやすく、イラストを描いたりして。

 何かほかに問題はないか、なにかあったらまたおいで、などと言ってくださいました。見た目通りとてもやさしい先生でした。
 それで、写真をお願いすると、快く承諾してくれました。

 すべて英語での対応でしたが、通訳なして、なんとか切り抜けました。一応ほっとしました。

 受付で日本人スタッフから、薬は近くの薬局でもらうようにと言われました。場所も教えていただきました。

 そして薬局へ。医者に書いてもらった処方箋を提出し、薬を頼みました。30分ほど待つとのこと。

 その間に近くのサブウェイで昼食。

 そしてもどったとき35分ほどたっていたのですが、まで薬はできていません。その後30分ほどして薬をもらい帰ってきました。

 このように、病院に行き、薬をもらってくるという大きな仕事ができ、ほっとしています。

なお、薬を出すだけだからでしょうが、体重、血圧もはからず、聴診器を当てるでもなかったです。

canada1_20141119164135c9b.jpg

 ぼくのカナダでの行動は、写真付きでFaceBookで紹介しています。

facebookのYojiのページ



関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.