FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

VIA列車(カナディアン号)、WiFiが使えない
 VIAカナダ横断鉄道(カナディアン号)の予約をしました。4泊5日の旅です。
 そして、調べてみると、WiFiが使えないという記事とWiFiが使えるという記事があります。使えるという方が多いです。

 ぼくは勝手に、昔は使えなかったが、使えるようになったんだ、と思いました。

 WiFiが使えれば、メールのチェックもできます。ブログの更新も。フェイスブックを見ることも。そして、スカイプを使って家に電話もできます。英語の原稿の推敲作業もできます。(英語の原稿はヤフーボックスに入っています)
 無料動画を見て、時間をつぶすことも。また、それでも退屈するだろうから、簡単なトランプゲームがネットでできることも確認しました。

 さて、列車に乗り込みました。少し落ち着いたところで、パソコンを取り出し、セットしました。そして、WiFiのパスワードなどが書かれたものがあるだろうとさがしました。
 しかし、見つかりません。その代わりに、説明書の中に、この列車ではWiFiは使えません、の文が見つかったのです。

 列車によって使えるのと使えないのがあるのか、それとも全部使えないのか、それは分かりません。とにかくぼくの乗っている列車(カナディアン号)は使えないのです。

 WiFiが使えないとなると、計画がすべてボツです。さあ、何をしようか。4泊5日もあるのです。退屈な旅になるでしょうね。きっと。 

 ただ、その説明書には、「次の駅では、無線インターネットは利用できます。トロント、ウィニペグ、エドモントン、ジャスパー、バンクーバー」とあります。
 WiFiと無線インターネットは、区別しているのだろうか、その無線インターネットはどのように利用するのだろうか、そこには書いてありません。
 車掌に尋ねればすぐ解決するだろうな、と思いながらも、性格が災いし、尋ねることができません。

 ジャスパー駅では、車内でネットにつながるかやってみましたが、できません。そこはそのまま通過。
 エドモントン駅の駅舎に入ると、そこにWiFi とあり、パスワードが書かれています。それでできると思い、列車からPCを持ってきたのですが、すぐに発車のアナウンス。パスワードを写真に納めて、列車に入り、つないでみると、見事につながりました。でも、メールを確認しただけ。列車は発車して、つながらなくなってしまいました。

 ウィニペグ駅に到着。45分ほど止まるとのこと。
 一通りまわりを見回った後、WiFiを利用しようと思いました。エドモンドのようにWiFi番号をさがしても見つからないので、受付に尋ねると、パスワードはいらないとのこと。試してみると、少し苦労しましたが、つながりました。

 列車の中で書きためていた記録をFaceBookにアップしました。ブログもアップしようとしたところ、認証確認を求められ、それに対応するうちに、ネットにつながらなくなりました。
 時間が限られているので、あせってしまいます。

 やはり、列車でWiFiができるようにしてもらいたいものですね。


 ぼくのカナダでの行動は、写真付きでFaceBookで紹介しています。
facebookのYojiのページ

関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.