FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

ケベック市の王立第22連隊博物館に、ヒトラー、ムッソリーニと並んで昭和天皇の写真
 きょうは、イギリス統治下に建設されたシタデルへ行きました、カナダ最大で、フランス式の星形の要塞でです。
 そこにある「王立第22連隊博物館」に入りました。

 次は、Wikipediaからです。

王立第22連隊博物館
シタデルに付随するこの博物館は、かつては刑務所であったところで、第22連隊のかつての制服、第一次世界大戦の逸話や平和維持活動に関する品々や、ビクトリア十字勲章をはじめ、連隊が受けた勲章の数々が納められた部屋もある。他に、フランス統治時代に作られた火薬庫や、模型による往時の様子の再現、歴史上の人物の像も展示されている。



 そこに、独裁者のドイツのヒットラー、イタリアのムッソリーニといっしょに天皇裕仁(昭和天皇)の写真もありました。

canada34.jpg

 天皇の英語の記述は次の通り。
canada35.jpg

Empereor Horohito approved an expansionist, militarist policy on the Asian continent.
The progressive invasion of China between 1931 and 1937 was marked by massacres of Chinese civilians.
Japan allied itself with Germany and Italy in 1940.
Hirohito, Emperor of Japan.




 訳してみました。

天皇裕仁はアジア大陸での拡張主義、軍国主義政策を承認した。
1931年から1937年に行われた中国の漸進的な侵略は、中国民間人の虐殺によって示された。
日本は1940年にドイツとイタリアで同盟を結んだ。
裕仁、日本の天皇。


 日本人のぼくとしては、複雑な思いがします。
 ここに書かれているのは、真実でしょう。

 ただ、ファシストで独裁者のヒトラー、ムッソリーニと同じように、昭和天皇を扱っては、かわいそうです。

 ぼくは、天皇制には反対です。
 でも、昭和天皇は個人としてみると、基本的には平和主義者ではなかったと考えています。それをファシストと並べていいのか。

 確かに、天皇はあの陸軍の暴走を止めることはできなかった。だが、だれが止めることができたでしょうか。



 ぼくのカナダでの行動は、写真付きでFaceBookで紹介しています。
facebookのYojiのページ
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.