FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

カナダ人はカナダ好き、だが、ケベックでは。
 カナダ人はカナダが好きなんだなあと思います。
 バンクーバー、トロントにいたときには、カナダの国旗をとてもよく見ました。個人の家で掲げているのもあります。車についているのもあります。

 また、CANADAや国旗のかえでマークが描かれた服や帽子を身につけている人も多いです。

 それがケベックに来ると、まったくちがうのです。

 カナダの国旗ではなく、ケベック州の旗がとても目に付きます。州議事堂にもケベック州旗はありますが、カナダ国旗はありません。
 カナダ国旗があると、そこは国立の施設だったりします。

 まだ1週間とちょっと滞在し、わずかの確認ですす。ただ、カナダ国旗より、ケベック州旗が圧倒的に多いことは確かです。

 さて、バンクーバー、トロントでは、ヴィクトリア女王の銅像を目にしました。2カ所でみたと思います。カナダの国王は、イギリスの国王が兼任するそうなので、当然なのでしょう。

 でも、ここケベックではちがうようです。
 ぼくがここで見たのは、ルイ14世の胸像、そしてジャンヌダルクの像です。フランスですね。

 ケベックはカナダの一部ではありますが、フランス語が唯一の公用語だという以外にも、イギリスよりもフランスに目が向いているように思われます。





 ぼくのカナダでの行動は、写真付きでFaceBookで紹介しています。
facebookのYojiのページ
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.