FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

プレストカードでのトランスファー( 乗り換え)
  カナダ オタワいます。「地球の歩き方」には

「バスは乗車時にドライバーからもらえる トランスファーチケットを見せれば1時間30分以内 (日曜の18時以降は1時間)なら何度でも乗り換えが可能

 とあります。

 トランスファー(乗り換え)チケットについては トロントで体験しました。

  トークン(お金のようなもの)や現金をバスのドライバーの横の 料金入れに 入れるといるときに、「トランスファー」といえば、 ドライバーからトランスファーチケットがもらえます。
  それを、乗り換えるときに運転手に見せれば、料金は 発生しません。

  ここオタワも似たようなものです。

  今、プリペイドカードである プレストカードを使っています。 その場合に、トランスファーがどうなるかです。

 OCトランスポ(バス会社)のホームページ(英語の説明)でも 、切符、現金の場合には トランスファーを運転手からもらうように とありますが、 プレストの場合については何も書かれていません。

 考えられた選択肢は2つ。

 ひとつは 現金やチケットと 同じように、 運転手からトランスファーチケットをもらうというもの。

 もうひとつは、 プレストには データが記録されてるので、 トランスファーが自動的にできるのではないか、 ということです。

 宿の ホストに尋ねようと思いましたが、会う機会がないままバスに乗り込みました。

 そして、 運転手に「トランスファー」と言いました。 すると 運転手は、ぼくがプレストカードを持っているのを見て、「 あなたは トランスファーチケットはいらないよ」と言いました。

  それでそのまま乗り込み、次のバスに乗り換えをするときプレストを読み取り機械にタッチして乗り込みました。

 宿に帰って、 プレイストの ホームページにアクセスし、 料金をチェックすると、乗り換えた時のものは 料金は発生していませんでした。

 プレストカードに乗った時刻がデータとして残っていて、90分以内だと、自動的に料金が発生しないようになっているのですね。すごいです。

 このように、プレストでの乗り換えでは、トランスファーチケットを もらわずに 運転手横の読み取り機械にタッチして乗り込めばいい、ということです。

  プレスとは とても便利です。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.