FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

カナダの東海岸は西海岸よりも 、とても とても寒い
カナダに来ています。 10月11月は 西海岸のバンクーバーですごしました。

  カナダにいくと友人に伝えると、「カナダは 寒いんだろう、 大変だ」という 声が返ってきました。 で もバンクーバーはそれほど寒くありません。近くを暖流であるアラスカ海流が流れているためだそうです。

  雨が多いことには 閉口しましたが、気候は冬でもかなり快適です。

 12月には、東海岸のトロント市に移りました。 その後、 ケベック市(1月上旬)、モントリオール市(1月下旬)に移り、そして2月オタワ市に来ています。

 ここ東海岸の寒さはかなり厳しいです。 なにしろマイナス20度くらいまで下がるのですから。 雪もかなり降ります。雪景色は美しいのですが、生活するには大変だなと感じます。

 各都市の緯度は次の通りです。
バンクーバー 北緯49度
トロント 北緯43度
ケベック市 北緯46度
モントリオール 北緯45度
オタワ市 北緯45度
東京 北緯35度
北海道宗谷岬 北緯45度

 東海岸のモントリオール市、オタワ市などは、日本の北端である北海道宗谷岬とほぼ同じ緯度なのですから、寒くて当然です。

 バンクーバーの方が ほかの都市よりも、北に位置するのですが、 暖かいというのは面白いです。海流の温度によってこんなにも違うんですね。

 なお、カナダ東海岸で、ロングステイ、留学、ワーキングホリデイをしたいと考えている人は 積極的にやってみたらいいですね。

 東海岸は寒い と書きましたが、おそれることはありません。多くの人間が住んでいる都市ですから、 生活できないことはありません。

 部屋の中は暖房がきいていて とても快適です。 沖縄の冬の部屋よりも快適です。沖縄では、ちょっと我慢すればいい寒さなのですから、暖房を使わないことが多く、寒いのです。

 外に出るときにちゃんと 防寒具を着ればいいのです。

 英語を学びたいのなら、ケベック州である モントリオール市やケベック市は 避けた方が良いでしょう。その州の公用語はフランス語だけなので、 ほとんどがフランス語です。

 オタワは、ケベック州に隣接しているせいか、フランス語もよく聞きますが、英語は十分通じます。

 バンクーバーは、ここは中国か、と思うくらい中国人が多いです。街角で中国語を耳にするだけでなく、スーパーのアナウンスが中国語で行われたりするのですからおどろきです。

 それに比べると、東海岸の都市はぼくが持っていたカナダのイメージに近いです。白人が多く 、そして黒人、西アジアの人々、 中国人、 インド人など 本当に色んな人種、 民族がいます。カナダは、「人種のモザイク」と呼ばれているそうですが、もっともです。
関連記事
スポンサーサイト




Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.